トリックを忘れる

f:id:alicewithdinah:20170222090023j:image

 

読書が好き!と言いながら

それは物語を通じて作者が

読者に伝えたいことを推測することが

私は楽しかったようで、

そういう楽しみ方をしていたから

ミステリ小説の楽しみを

かつて理解することが出来ていなかった。

 

今でこそ好んでミステリ小説を

読むようになったけれど、

トリックを見破るなんて二の次だ。

テレビドラマを観ていても

ミステリ仕立てのものは全然気づけない。

ミステリ仕立ての映画はだいたい

原作を気に入って行くことが多いから

勝手に知った気になって楽しんでしまう。

 

私は物語を生み出せる作家って

すごいな、と日々読書をしながら思う。

とりわけ、物語に伏線を張らせたり

ミステリだったらトリックを組み込んだり

という過程がすごいな、と思う。

どうやってそんなもの思いつくんだろな。

 

と思い続けていたら、ふと

私にも1つだけ、ささやかなトリックを

思いつく機会があった。

「これ、もし物語を書くとしたら

きっと使えるだろうな!」というやつだ。

 

でも、その時はなにか作業をしていて

メモを取ることが出来なかったのもあり

数時間したら忘れてしまった。もったいない

忘却の彼方に行って、また戻ってこないかな。

 

同じように、一度読んだ本の

トリックをときどき忘れてしまう。

あまりにも衝撃的だと覚えているけど

本棚の整理をしていて、

「あれ?この本どういうしかけだったっけ」

と表紙を見てトリックを忘れた

本が何冊かあったのだ。

 

読後、一度忘れさせてしまうような

トリックもまた、奥深いのかもしれない。

日記が続いてる!

f:id:alicewithdinah:20170221182253j:image

 

月曜日から1週間が始まると考えるのと

日曜日から1週間が始まると考えるのと

この2種類が多数派なんだと思うけれど

(水曜日から…って考えるのも楽しいよね)

 

私の使っている手帳は3冊とも

月曜はじまりのものを採用している。

ちなみに今年の卓上カレンダーは

日曜はじまりだった。(今気付いた)

 

サザエさん症候群なんて言葉もあるけど

やっぱり日曜の夜って、

「明日からまた新たな1週間だあ」と思う。

 

そんなわけで、私は今年に入ってから

日記を書いていて(どんなわけでだろう)、

日曜の日記を書き終わると、

「今週も終わったなあ」という気分になる。

 

私は「ほぼ日手帳」を就活手帳にしているので

1日1ページの部分はその日に使うでなく

1日分で1項目、何か書くようにしている。

だから日記は「ほぼ日」らしい

1日1ページのスペースではなくて、

ウィークリーページに書くようにしている。

 

縦に時系列に沿って書き込める

バーチカルタイプのウィークリーページ。

でも私は時系列を無視して

1行に10文字くらいの勢いで日記を書く。

その日の下の空きスペースは家計簿がわり。

 

これも月曜はじまりで、

まっさらなバーチカルタイプのページが

曜日がすすむごとに横書きの文字が

何層にも重なって黒くなっていくのだ。

だから、日曜の日記を書き終わると

なんだかボスを倒したみたいな感覚になって

なかなか楽しい気分になる。

 

日曜の夜、今年は日記をどのくらい

続けて書いてるかなと思って振り返ってみた。

なんと、1月1日から毎日欠かさず

横書きの文字でつらつらと書いていたのだ!

あまりにも眠い日は短かったり

次の日の朝に書いていたりもしたけれど

その日その日に感じたことを

どうしても私は

書き留めておきたかったみたい。

 

日記をつける習慣は、こうして

習慣づいてみるともっと早くやってれば

大学生活もうちょっと違ったかもな…

なんて思ってしまうけれど、

今年に入ってから続くようになって良かった。

 

そういえば小学生のときは

子ども用のほぼ日的なものを使ってた。

2日で1ページ、見開き4日分。

挿絵もチョロチョロと書いていたっけ。

読み返すのはちょっと恥ずかしいけれど

今度どこにあるか探してみようか。

 

今書いている日記はいつ、

読み返すことになるんだろう。

その時の私はどう思うかしら。

300記事目らしい

f:id:alicewithdinah:20170220090620j:image

 

iPhoneをアップデートしてからというもの

ホーム画面から右にスワイプすると

いろいろなウィジェットを追加できる

という機能が出来て楽しんでいる。

 

この「はてなブログ」も

ウィジェットを使うことが出来るので

アクセス数カウンタが出るようにしている。

このカウンタでは、その日のアクセス数と

週間、月間のアクセス数を見ることが出来る。

 

アクセス数カウンタの上に小さい文字で

今いくつの記事が公開されているのかも

カウントされていることに気付いた。

どうやらこれで、300記事になるみたい。

 

300というと、10か月分くらいの日数になる。

10か月毎日ひとつずつ更新するとすぐに

この数の記事数になるのか…。

もちろん更新しない日もあるし、

あんまり書いていない時期もあった。

それでもここまでの量を今まで

このブログで書いてきたのか…。

数にすると一気にずん、と重みを感じる。

 

毎日絶対書くぞ!と自分を縛るより

書けない日・書かない日があってもいいや、と

かたく構えずにいるほうが続くみたいだと

この2年半で気付くこととなった。

うっかり続けて食べちゃった

f:id:alicewithdinah:20170218101340j:image

 

私はお弁当を持ち歩いて

お昼を食べることが圧倒的に多いけれど

お弁当のあとに、

へんな時間に夕食をとる場所を

ファミレスに選んだ日のことだった。

(ことだった、なんて言ってもけっこう最近)

 

お弁当のふたをあけたらオムライスで

喜んだ記憶も、ふたにケチャップが付いて

もったいないなあと思った記憶もあった。

しっかりピンチョスのウインナーや

ゆで卵を食べた記憶もあった。

 

それなのに、夕食に食べるものを選んでいる時

なにを思ったか、オムライスを選んでしまった。

よっぽど食べたかったのだろうか。

オムライスが運ばれてきたとき

「あれ、今日そっくりなものすでに見たよな」

なんて思ったし、

オムライスをスプーンですくって

口に運んだときも

「あれ、なんかこの食感今日すでにあったよな」

なんて思ったのだ。

そして食べている途中で「あ、2食連続」

なんて奇妙なことに気付いたのだ。

 

うっかりして、ではないけれど

今週はラーメンを2食続けて食べた日も。

昼も夜もつるつる、スープはあちち。

 

なんだか胃がごにょごにょ言っているのも

こんなことをしているせいかしら。

 

でも、オムライスもラーメンも

「もうしばらくいいや」ってならないから

不思議なもんだなあ。

お気に入りのマスカラ

f:id:alicewithdinah:20170217144952j:image

 

化粧をする女性ならきっと

分かってくれると思うけれど、

なぜお化粧アイテムはいつも一気に

何種類も切れてしまうんだろうね。

新しい季節に向けていろいろと

買い足さなきゃな、という時期がきた。

 

私にはお気に入りのマスカラがある。

どんなに他のマスカラに浮気しても

いつの間にか戻ってきてしまうってやつだ。

 

もとは、お土産として

友人が贈ってくれたものだけれど

地元でも手に入るのでリピートしているのだ。

 

マスカラって、効果としては

まつ毛のボリュームがアップするものや

まつ毛がくるりとカールするもの、

まつ毛を長く見せてくれるものなんかがある。

私が使っているお気に入りはその中でも

長く見せてくれるロングタイプのものだ。

(全部の機能をそなえていたり、

ダイヤルを回すと機能がかわる…なんていう

ハイテクなマスカラもありますよ)

 

ブラシの部分があんまり大きくなくて

日本人の目の形に合っている、と思う。

だから塗りやすい。ダマにならない。

そして、ポロポロはがれて滲んだりしないし

お湯で簡単にオフできるので嬉しい!

 

リピートするたびに、

はじめにプレゼントしてくれた友人に

いつも感謝の言葉を述べてしまうほど。

 

これも化粧をする女性ならきっと

分かってくれるんじゃないかなと思うけど、

「これ!」というお化粧アイテムが

1つでもあると心強く感じる。

 

日々、新しい製品が開発されて

期間限定のものだってたくさん発売される。

もちろんそれらを冒険するのも楽しいし

見た目が可愛いアイテムも沢山あるから

集めて並べて試すのも好きだけれど

やっぱり私にとっての定番があると、

なんだか落ち着くんだよね。

 

 

手帳のフリーページに何書く?

f:id:alicewithdinah:20170213145756j:image

毎年あっても結局使わないのが、

手帳の巻末のフリーページたちだ。

 

今年使っている手帳「NOLTY U」は

マンスリーページ、ウィークリーページ、

そのあとピンク色の見開きページが

1ページだけあってそのあと

フリーページが46ページもある。

そしてそのあとは路線図などの便利機能。

 

ピンク色の見開きページには

「2017年の夢リスト」を書くのにぴったり

だと思ったので、ぼちぼち書き溜めている。

そのあとの46ものフリーページは

どうやって使おうか…と頭を悩ませていた。

 

そこで今年も45日が過ぎて、

ある程度いろいろなことをしてきたので

振り返ってみることにした。

振り返ってみると、意外といろいろな

ところに訪れていると感じた。

 

その中から、「初めて訪れた場所」を

書き留めておくページを作ろうと思いついた!

 

ずっと名前だけ知っていたラーメン屋さん。

場所だけは知っていた喫茶店。

いつか行こう行こうと思っていた

おしゃれな軽食屋さん…

 

日付、場所の名前、その横に

1行におさまるようにひと言コメントを書く。

このコメントは、訪れたからこそ書ける

ことを書こうと意識してみよう。

「おばあちゃんちって雰囲気だった」とか。

 

まだまだ開拓の余地がある私の手帳。

フリーページもまだまだ空白のページで

いっぱいだから、ワクワクするな。

春休みかあ…

今日、朝からテストがあって

それを終えた瞬間からどうやら

春休みがやって来たみたいだ。

 

私立大学に通う友人なんかはもう既に

春休みになって2週間くらい経ってるし

私も今日受けたテストがなければ

春休みはもうちょっと早く始まってた。

ただ、やっぱり春休みの実感がない。

 

バスの後部座席でうつらうつらしていて

持っている教科書を落としそうになって

慌てて持ち直したとき、視界のはしに

後ろにもノートを広げている人をとらえた。

こっそり振り向いてみたら、

一緒に月曜1限を受けている1年生だった。

ありゃ、これはこれは。

私よりしっかり勉強していたに違いないぞ!

 

テストの出来は置いておいて、

おお、そうか、春休みなのか。

春休みが訪れたところで、

大学には行くから暮らしは変わらない。

 

でも、なんだかいいものだね。

少し心が軽やかになった気持ち。

今はまだセーターに分厚いコートに

マフラーを巻いて、肩を縮こませてるけど

またみんなが大学に通い出す頃は

もう少し身も軽やかになっているに違いない。

なんだかいいものだね。