正直に語る100の講義

夏休み中というのに、 大学に毎日のように足を運んでいる。 卒業研究が佳境だからねっ。 おまけに私は講義まで受けている様子。 森博嗣著『正直に語る100の講義』 わりと自然に書けたのは、だいたいが飾らない、盛らない、驕らない正直さのためでさないか、…

学生最後の8月31日

私、誕生日8月31日なんだよね、 なんて人がいると今でも 「夏休み最終日なんだ!」と思ってしまう。 2学期制が広まって、 夏休みは9月の開始を待たずに始まる なんて小中学校もずいぶん増えたのに。 大学生の夏休みもあと半分あるのに。 夏休みを迎える前に8…

「独立記念日」

初めて手に取る原田マハさんの本。 書店で初めてこの本を見かけた時、 「江國香織さんの文庫装丁みたいだな」 なんて思ったような。 独立ってなんだろう。 私がぱっと思い浮かべるその意味は 金銭的に自立すること、だった。 そもそも独立と自立は ごちゃま…

まとめる名人

「75歳 はじめてのスマーホに挑戦中」 という自己紹介で人気を博している ツイッターユーザーがいる。 「今日も元気に行ってらっしゃい」 平均的な年齢層のユーザーよりも 歳を重ねたからこその包容力が 伝わってくる。 そして本人は多分その魅力に気付いて…

誰も知らないこと

先日、海辺の花火大会に行った。 私は今まで新幹線の中から偶然見る長岡花火と 幼い頃から慣れ親しんだ新潟花火くらいしか 花火大会を味わったことがない。 水の上で花火が咲く柏崎の大花火大会。 眼から空まで遮るものがない 広くて黒いキャンバスいっぱい…

〇〇の夏

〇〇の秋、というのはよくいう。 芸術の秋、食欲の秋、スポーツの秋、 そして読書の秋。秋の夜長のおとも。 では夏はなんだろうな。 食欲がわかなくてつるつるしたものを食べたい スポーツをする前から汗をかいちゃう 芸術は…大学で一年中勉強してる。 私は…

愛の夢とか

うまく言葉にできない、とは どういうことだろうか。 川上未映子さんの『愛の夢とか』を ずっと読もう読もうと思っていた。 旅先の駅の本屋で、快速に乗る前に 寝過ごして降りる場所を間違えることの ないように一冊の文庫を購入した。 それが『愛の夢とか』…

赤と青を混ぜて

旅に出るときの鞄に差し込んだ本は ただでさえいつもよりも印象深く見える。 でも、旅先で読んだ山内マリコさんの 『パリ行ったことないの』は さらにいつもよりも濃い印象を残してくれた。 彼女の著書『ここは退屈迎えに来て』で "ファスト風土"という言葉…

春ドラマ

4月から始まったドラマが ぞくぞくと最終回を迎えた。 ・あなたのことはそれほど ・人は見た目が100パーセント ・ボク、運命の人です。 を今クールは観た。 「あなそれ」はとにかく注目度がじわじわと 上がってきて、私の周りでも観ている人が多く 観ていな…

「おせいさん」のエッセイ

おいおい、またまた久しぶりじゃん。 今、スターバックスにもらった ドリンクチケットの期限がせまってるのに 気付いて、ベンティサイズのラテと引き換えて それでイスに座ってこれを書いてる。 さむいので、フラペチーノな気分じゃない。 昨年田辺聖子さん…

累計4万アクセス!

ここ1ヶ月、更新をお休みしている間に アクセスカウンタが40000アクセスを超えたと 私に教えてくれました。 2014年の秋に始めたこのブログ。 当時は19歳だったけど、 あっという間に22歳!! あの頃とは同じ大学生ではあるけれど 考え方も髪型も、 ライフワ…

5月の最近

ほら、ほっておくと1ヶ月またあける。 藤棚が見事な季節になってしまった。 夜間のライトアップが有名な藤棚を 昼間に見に行ったら、人々と一緒に 蜂が人々よりももっと藤の花に寄り添ってた。 しかもブンブンいうクマンバチだったのだ。 何枚か写真も撮っ…

夜は短し歩けよ乙女

森見登美彦さんの書く京都の世界が好きで、 高校生の頃「四畳半神話大系」を読んだ。 「〜見聞録」も読んで、次は 「夜は短し歩けよ乙女」だなと思った。 大学1年になって読んでたんだけど、 「黒髪の乙女」の行動と思考がなかなか 破天荒なので、主人公の…

21歳最後の記憶

サッサと22歳になってしまった。 テイラー・スゥイフトが歌ってる、年齢。 最近ものすごく変な夢を見てる。たとえば ゴジラが「今まで暴れてごめんな」って 謝ってきて、映画館でお葬式をする夢。 免許更新をする前の日の夜だったから、 私はいつもはサボり…

日曜日のスタジオから

先週から、縁あって ラジオの番組をやっている。 ブログでもお知らせをしようしよう… と思いつつ、とうとう2回目の放送の 前の日になってしまった。 リスナーの皆さんからのリクエストに応える 日曜のお昼、生放送の音楽番組だ。 頂いたメッセージを読んで、…

生活とブログ

いやいやあ、はずかしいことに、 去年とおんなじ失態でえ。 1月2月はこれでもかというほど書いて、 3月になってぱたりと書かなくなる。 自分でもまんまとこうなったことに 少しあきれて笑っている。 毎日、いつの間にか夜になって 日付が変わろうとしている…

網掛け多しなウィークリー

手帳のウィークリーページの それぞれの日付の横に 毎日7つのタスクを書き入れこなしていく 「自己流・7つの習慣」。 3月になってもしっかりやっている。 当日達成したものは番号を黒くぬりつぶし、 翌日以降に達成できたら網掛け印をつけて いつ終わらせ…

そろそろ三寒四温かな

雨の音がして目が覚めたら、 その雨の音は夢の中の音であって 起き上がって窓から見る外の景色は すっかり晴れていて美しい朝だった。 今週は晴れの日が続いていて 気温もなかなかのものだ。 ところがどっこい、来週は微妙みたい。 雪マークも見つけた。 こ…

月刊WIND3月号

ことし、新潟の映画館「シネ・ウインド」の会員になったので、毎月末になると自宅ポストに月刊誌が届くようになった。3月号も届いた。 この月刊誌は30ページほどの冊子だけれど翌月に「シネ・ウインド」で公開される作品のスケジュールと解説をはじめ、その…

春眠あかつきを覚えなさすぎ

昨日書いたつもりだったのに ごっそり消えていたー。 3月の初めはぽっかりブログをお休みだ。 最近眠さが増している。 春がもうすぐだからだと思うけれど、 それにしても眠い。 二度寝をするし、二度寝をしない日は うたた寝をしてしまうし。 もちろん習慣に…

お掃除ルーティン

昨年秋に本棚を増やし、書類などを捨て、 今年のはじめにカーペットを剥いで 床をリニューアルした私の部屋。 二度の大改造のおかげで年末の大掃除はなく、 年末でない時期にここぞとばかりに 年末の大掃除みたいなところを掃除するのに すっかりはまってし…

ときめきブーメラン

Instagramの関連アプリで 「boomerang」というのがある。 使ったことがある人も多いかもしれない。 アプリを持っていなくても、 Instagramのストーリー機能で ストーリーに載せたいものを撮影するときに boomerangを選ぶことができる。 私は最近ストーリー機…

実験されてきた

友人の友人の研究室の実験に 人手が必要ということで、実験を受けてきた。 今までべつの研究室にお邪魔するという 機会があまりなくて、ましてや 学部の違う研究室に…ということは 今迄なかったのでとにかく新鮮だった! パソコンがずらっと並んでいたり、 …

いつ寝ればいいんですか?

映画『ビリギャル』を観たときに、 これは予告編でも使われていたんだけれど 「うちの子はいつ寝ればいいんですか?」 なんてせりふが出てきたのを覚えている。 これは、主人公の勉強の進み具合が いよいよ受験までに間に合わない、と焦り 学校に通いながら…

『夢の叶え方を知っていますか?』

エッセイから入り、 そののちミステリも読むようになり すっかりホームページで最新出版状況を 確認するくらい森博嗣さんの 作品を楽しんでいる。 ということで今度は わりと出版されたての新書 『夢の叶え方を知っていますか?』を読んだ。 私は手帳に「夢…

私たちの裏テーマ

卒業研究にも、手帳が欠かせない。 研究室の仲間たちも、 めいめいがお気に入りの手帳を使っている。 表紙の手触りとほどよい書き込みスペースが 気に入って、「ほぼ日WEEKS」を 愛用しているという友人もいるし、 私が持ち歩き用の手帳に求めていた3つの軸…

トリックを忘れる

読書が好き!と言いながら それは物語を通じて作者が 読者に伝えたいことを推測することが 私は楽しかったようで、 そういう楽しみ方をしていたから ミステリ小説の楽しみを かつて理解することが出来ていなかった。 今でこそ好んでミステリ小説を 読むよう…

日記が続いてる!

月曜日から1週間が始まると考えるのと 日曜日から1週間が始まると考えるのと この2種類が多数派なんだと思うけれど (水曜日から…って考えるのも楽しいよね) 私の使っている手帳は3冊とも 月曜はじまりのものを採用している。 ちなみに今年の卓上カレン…

300記事目らしい

iPhoneをアップデートしてからというもの ホーム画面から右にスワイプすると いろいろなウィジェットを追加できる という機能が出来て楽しんでいる。 この「はてなブログ」も ウィジェットを使うことが出来るので アクセス数カウンタが出るようにしている。 …

うっかり続けて食べちゃった

私はお弁当を持ち歩いて お昼を食べることが圧倒的に多いけれど お弁当のあとに、 へんな時間に夕食をとる場所を ファミレスに選んだ日のことだった。 (ことだった、なんて言ってもけっこう最近) お弁当のふたをあけたらオムライスで 喜んだ記憶も、ふたに…