読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

土曜日はどこでもドアで

f:id:alicewithdinah:20150913070459j:image

週末は天気が下り坂だという予報。アオイとオックスフォードに行くのを見送ったり、毎週土曜日におこなう洗濯も金曜に早まったりと、なかなか天気に左右されています。

金曜日に帰宅するとあれっ…全部洗濯していない?!「あなたの洗濯物がとっても多くて、洗濯機を二度回さないといけないの。半分は駅までの道にあるコインランドリーで洗濯してほしいわ」とホストマザー。

半分残った洗濯物を確認して、けさは初めてのコインランドリーに行ってきました。

事前にネットで調べてみたものの、日本のコインランドリーを使ったこともないのにロンドンのコインランドリーは難易度が高そう!店内でおろおろしていると、回る洗濯機に囲まれて世間話をしていたおばあさんが「どうしたの?」と話しかけてくれました。

機械の使い方を教えてもらい、洗剤を隣のスーパーに買いに行き、洗濯機のスイッチをオン。暇な時間は久しぶりの読書タイムにしました。

乾燥機をかけるにはまた別途の料金が必要…なのに、ポンド玉が足りない〜!ということでまた隣のスーパーでスナック菓子を買い、乾燥機のスイッチをオン。今度はガイドブックを読み返してきょうの計画を立てることに。

てんやわんやの1時間半、なんとか洗濯がおわり!おばあさんにお礼を言いコインランドリーをあとにしました。

軽く荷物をまとめて向かったのはいつもの駅…ではなく、バス停です。

f:id:alicewithdinah:20150913071518j:image

駅の裏というか、家から別方向に歩くとこんな風にちょっとしたお店が並んでいるのか…2週間ここに滞在して初めて知りました。

f:id:alicewithdinah:20150913071618j:image

行き先は木曜日にちょっと閑散としていた、ノッティングヒルのポートベローマーケット!!私の滞在している家からわりと近いし、駅から歩くよりも簡単に着くことができるんです。

土曜日に大にぎわいということで、日本の屋台が左右に立ち並ぶお祭りのような雰囲気で、人びとの流れもお祭りそっくりでした。おじさんの腕が当たるは、ベビーカーに何度も足を引かれるはでなかなか進むのに苦労します。

f:id:alicewithdinah:20150913071834j:image

こんな食べ物やアンティーク、手作りの品やおみやげ屋がズラリと並びます。

f:id:alicewithdinah:20150913071942j:image

かわいらしいカップケーキやさん!

f:id:alicewithdinah:20150913072008j:image

一歩入ったちょっとはずれにあるキューバ(?)のサンド屋さんでお昼にすることにしました。似たようなサンド屋さんがここには並んでいたけれど、いちばんフレンドリーそうなお兄さんのところに決めました。

「きみは旅行しに来たの?」「日本人?コニチワー!」と気さくに話しながら作ってくれて、あやうくお金を渡し忘れるところでした。

f:id:alicewithdinah:20150913072256j:image

温かいサンドはやっぱりおいしい!
食べ終わるとちょうど正午ごろで、どのサンド屋にも行列が出来ていました。

駅に向かう道沿いのマーケットをひととおり見学したあとは、地下鉄に揺られていきました。

f:id:alicewithdinah:20150913072621j:image

ラッピングされた地下鉄、めちゃめちゃかわいいです。

つぎの行き先は大英博物館!!
広すぎて3日くらいかけないと全部回れないよ、とユウタもホストファミリーも言います。ガイドブックには興味のあるところに時間をかけて、あとはつまみ食いのように見るのが賢いと書いてありました。

f:id:alicewithdinah:20150913072602p:image

興味のあるところ、といったら…やっぱり大英博物館が表現する日本でしょう!ということで真っ先に日本の展示へと向かいました。

「JAPAN」とこんなふうに書いてあると、どこでもドアみたいですよね!

f:id:alicewithdinah:20150913072957j:image

「敬愛」…respect and love
と表示されていました。

日本の展示は、古代から現代までの時代を追いながら、その変化に適応してきたことについてでした。第二次世界大戦で原爆の被害を受けた広島と長崎についての展示でカップルが立ち止まり、「これがヒロシマ…」とつぶやいていたのが印象的でした。ほかにも夏に洋装して銀座の街を練り歩く女性たちの「都会」と暑い夏を泥だらけで過ごす子どもたちの「田舎」の、昭和時代の対比も興味深かったです。

日本の展示のために5階まで階段を昇ってきたので、喉が渇いてしまいこれはあまり長居できないな…と思ったため急ぎ足でメインの広場に戻り、おみやげショップを物色しました。

f:id:alicewithdinah:20150913073716p:image

大きめのトートバッグになっていて、ぱっと目を引いたのがこの絵。あら仲睦まじい…と思いグッズ名を見るとなんと「春画」とあります。日本に帰って春画を担いで街を歩きまわる勇気はないけれど、すてきな絵だと思ったので手のひらサイズのノートを自分へのおみやげにしました。

そのあとはメイン広場から近いエジプトやギリシャの展示をちょこっと見ることにしました。

f:id:alicewithdinah:20150913074210j:image

これがあの、ロゼッタストーンです!
触ってもよいそうだったのでそっと触れてみると、文字がしっかり彫られているのがわかりました。

f:id:alicewithdinah:20150913074316j:image

f:id:alicewithdinah:20150913074334j:image

こちらはまるで古い図書館のような展示。歩き疲れた足を休める人もたくさん。壁際のガラスの展示の中には、私の大好きな「メンフクロウ」もいました。

f:id:alicewithdinah:20150913074513j:image

メイン広場に戻ってくると、とてもきれい。

f:id:alicewithdinah:20150913074557j:image

最後に入り口付近にある特別企画展の「まんが」を見ることにしました。「マンガなう」なんて書いてあると笑っちゃう。

f:id:alicewithdinah:20150913074655p:image

聖☆おにいさん」などのまんが絵が大きめのボードに展示されています。字も絵も細かいまんがですが、大きく展示されるとその繊細さがよくわかります。訪れていた人びともその線をなぞり、驚いていました。

コーナーの端にはビッグコミックドラゴンボールなどのまんがが置いてあり、椅子はまんがに読みふける人でいっぱいでした。

f:id:alicewithdinah:20150913074933j:image

大英博物館をあとにすると、馬に乗った人が!道路を馬に乗って移動するってどんな気持ちになるんだろう。

f:id:alicewithdinah:20150913075019j:image

週末は天気が悪い…と言われていたけれど、結局あたたかく天気のよい1日でした。