読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

美輪さんと叶姉妹

f:id:alicewithdinah:20160103102900p:image

家族とは、思い出の積み重ねが作りあげる人間関係。感情とは、人生を楽しむための魂のエクササイズマシン。芸術とは、人間の精神を健康に保つための食料。身だしなみとは、自分の品格を服装に表すこと。とは、人間のリフレッシュマシン。ロマンとは、精神を健康に維持するための主食。
美輪明宏さんの言葉です。

受験生のころ、息抜きに訪れた図書館で何の気なしに手に取った1冊。それまで「待ち受け画面にするといいことがある画像の人」というイメージしかなかったのですが、美輪さんの『乙女の教室』を読んでからすばらしい言葉を綴る人だなと驚きました。

正しい姿勢でいることが大切。
自分らしい色の装いも同じくらい。
現代の日本では、黒い服を着て姿勢の悪い人ばかりが街を歩いている…その姿はまるで「ゴリラの墓まいり」です。

はしが転んでも笑う年頃、当時女子高生だった私にはその言葉がいちばんしっくりきたものでした。

美しいものに触れた記憶はあなたの中に蓄積されます。美しさ、優しさ、叙情性、ロマンティシズム、センチメンタリズムは精神の栄養となってあなたの心を潤しそして強くしてくれます。

今は芸術を学んでいる者として、その価値がなかなか世間に見いだされにくいということを悲しく思う者にとって、美輪さんの言葉が心強く感じられます。


「あなたのためを思って」と言う人に対しては、まず、「自分のために生きてください」と、言葉を返していきましょう
たとえ100万人の人が、どんなに楽しそうにしていたとしても、そこに真から楽しめるものがなければ、「この世にたった一人のあなた」は、無理に笑うことはありません

いっぽうこちらは叶姉妹の言葉。

ゴージャスな身体で、その暮らしぶりもまたゴージャスなおふたりです。今までその横文字でしか認識していなかったのですが、LINEの公式ページをフォローするようになってからこのおふたりもまた素敵な言葉を綴るのだなということがわかりました。

あくまで自分の思いのままに、それを肯定していくこと。なにかとうまくいかない自分を責めてしまいがちだった年末に、毎朝・毎晩LINEで送られてくるおふたりの挨拶は効きました。

自分自身がどのように考え、どのように行動するか、たしかな価値観を自分の中に築くことこそが「知性」
ただ知識を持って賢いのではなく、考えや行動を伴わせてゆっくり培っていくものが知性なのでしょう。

毎日「ファビュラスな」写真とともに、優しい朝と夜の挨拶やブログが満載な叶姉妹の公式LINE、おすすめです。


個性的な見た目をしていて、ふだんはそこにしか目がいかないかたたちでしたが、彼女らの綴る言葉にはその奥に潜む深みが見えてきます。