読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1巻マスターの挑戦

映画「バクマン。」や
「俺物語!」を観てから趣味が増えた。
漫画を読むことだ。



私は漫画を人よりあまり読んでこなかったと思うが、最近「LINE漫画」の「1巻期間限定無料」に夢中なのだ。少女漫画も少年漫画もなんでも読むようにしている。

たくさんの作品を読んでいると、続きを読む課金をすることはきりがなくなりそうなのでしていないが、「LINE漫画」のこのサービスのおかげで「漫画っていいな」「アプリで読んだ漫画、漫画喫茶に行ったら探してみようかな」なんて思えるようになった。「1巻マスター」にもなっちった。

f:id:alicewithdinah:20160108155914p:image

さて、私にはずっと欲しいものがある。
それは、電子書籍Kindle
楽しむためのタブレットだ。

普段文庫を持ち歩いているが、ハードカバー本やハウツー本なんかも持ち歩いてみたかった。Kindleに入れる本としては「物語に浸る」より「内容をバシバシインプットする」ことを求め、Kindle版限定のセールがあるのもいいなと思っていたのだ。

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi


おととしくらいから「誕生日プレゼントに」「クリスマスプレゼントに」と自分に贈ろうとしつつ、いつもお流れになっていたのだ。

そんなときはあちゅうさんのTwitterで「私のKindle本を3日連続一冊ずつ無料にします」という情報があった。これは!と思い早速Amazonのリンクに飛ぶ。


「ポチッた」ところですぐに読めるわけではない。Kindleアプリのダウンロードが必要だった。今までタブレットが欲しい欲しいと言いながら、iPhone版のアプリを持っていなかったのだ。

f:id:alicewithdinah:20160108160920p:image

Kindleで読書初体験。
なんとなく文字を長押ししているとこんなことが起こる。なんだろうと思っていろいろとタップしているうちに使い勝手がわかってきたし、この機能が画期的だった。

f:id:alicewithdinah:20160108161035p:image

さっきの長押しが「マーカー」となって、このようにまとめて見ることができるのだ!

ふだんから私には文庫本の中で気になった言葉や気に入った文章があるページの端を折り、読了後ノートに記録する習慣がある。(そしてブログゆきになる)だからKindleを渋る理由として、Kindleの本体を折るわけにもいかないしそんなアナログな習慣を続けられるか心配だったということがあった。でもこんな素敵な機能があるなら心配ないな。

マーカーには四色あって、「好きな文章」「考えさせられた文章」「後で調べたい言葉がある部分」なんかにわけても楽しそう。高校生の頃に持っていた高機能の電子辞書にもこんな機能があったなぁ…。色の使い分けは次の課題か。

f:id:alicewithdinah:20160108161435p:image

このように背景色を変えたり、字体や大きさをかえて快適に読書することだってできる。

はあちゅうさんが無料にしていた作品は「大学時代にやっておくべき10のこと(霜田明寛さんとの共著)」「今日から人生を変えるためのエンジンになる本」。「大学時代に…」は大学生の私にとってタイムリーだし、「今日から…」は今までに目にしたことのあるブログや本の中にあった文章で思わず心に留まったことが集められて紹介されていた。Kindleで読書してみて、はあちゅうさんの言葉は電子パネルでも神の本でも変わらず力強いものだと感じる。


iPhone版のKindleでもじゅうぶんに読書を楽しめるからもしかしたらタブレットいらないかも…なんて思ってしまったけれど、「欲しい欲しいって言ってるだけ時代」から進んで実際に使ってみて、ますますKindleを魅力的に思う。
いいきっかけだった。

1巻マスターの挑戦を続けなくては。