BRUTUSの小説特集を読んでがっかりしちゃった話

f:id:alicewithdinah:20160114125251p:image

もう次の号が出てしまったから
もっとはやく書けばよかったのだが…

年始の授業が始まる前、外に行けば必ずと言っていいほど書店をチェックしていた。


ここでも書いていたとおり、私は雑誌が好きなので特定の雑誌を購読しなくなった今も雑誌のコーナーはよーくチェックしている。

そんなある日に見つけた一冊
BRUTUSの小説特集。
「夢中の小説」

f:id:alicewithdinah:20160114195149j:image

・小説に出てくるおいしそうな料理を実際に作ってみたページ
・現役JKは何を読む?(エンターテインメントとしてシェアする小説と、心に秘める小説)
夏目漱石を読了しない楽しみ

など、目次だけでも興味をそそる小説づくしなページたちがつまっていた。

書店員が勝手に選ぶ、あの人に読んでほしい本というページもおもしろい。
マツコデラックス辛酸なめ子に五郎丸選手、菜々緒アラーキー宮藤官九郎…たとえば悪女を演じさせたら日本一な菜々緒さんに読んでほしいのは「女優A」

女優A (小学館文庫)

女優A (小学館文庫)


私がこの小説特集を読んで
がっかりしちゃったのはなぜか?

…自分の読んだことのある本が全然載っていなかったからだ。
=私は全然読書が足りていないということを実感させられる。面白そうだと思う、魅力的な本だらけだった。

私は、読む本がたくさんある
幸せと不幸を同時に噛み締めた。

調べてみるとBRUTUSは毎年本の特集をこの時期にやっているみたいだ。来年は今年よりも「この本読んだことあるもんね」と思えるようになっていたい。

BRUTUS (ブルータス) 2016年 1/1・1/15合併号 [雑誌]

BRUTUS (ブルータス) 2016年 1/1・1/15合併号 [雑誌]