読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「エージェント・ウルトラ」

f:id:alicewithdinah:20160203183929j:image

去年の9月、地下鉄の深さに
Wi-Fiの電波をうばわれて特にすることもなく、
ぼうっと窓の外を眺めていたとき…

パッと目に入ったのが、
駅のホームで見たこの映画の広告だった。

f:id:alicewithdinah:20160203184207j:image

そうそう彼女はこんなふうに、
あぐらをかいてダルそうな顔をしていた。
髪の毛を片側によせているから、
左半分だけ見るとイケメンに見える。
右半分だけ見ると美女に見えるし。
右半分だけ見たところで、
「トワイライト」の人だ!と思い出した。

「エージェント・ウルトラ」を観てきた。
(原題が American Ultra)

ロンドンの地下鉄のホームで観た広告と、
11月の東京で再会した。
「アデライン、100年目の恋」を観た時に
映画館で予告編を観たのだ。


あのときは映画よりもミュージカル!
と思っていたけれど、こんなに面白そうなら
観に行っとけばよかったと思った。
そして日本で観れることがわかって
嬉しかったのだ。

「アデライン」は新潟で演っていなかったから
新宿ピカデリーまで足を運んだけれど、
こっちは新潟で観れる映画館があった!

f:id:alicewithdinah:20160203185808p:image

デッキィ401で観れちゃうじゃん!

公開が近付いてくるとTwitterの広告としても
映画の情報が流れるのが頻繁になって、
「ダメ男のコンビニバイトが覚醒?!」
という謳い文句がすっかり身に馴染んだ。
スター・ウォーズ」の最新作も
「フォースの覚醒」だったもんね。

f:id:alicewithdinah:20160203185344p:image

水曜日がレディースデイだということを
すっかり忘れていて、びっくりしたけれど
こんなにかわいらしいポップコーンと一緒に
あたたかいドリンクがおとくに楽しめる。

とても久しぶりに足を運んだこの映画館は
見ないうちにチケット売り場や売店の横に
バーカウンターみたいなすてきなスペースが
出来ていてわくわくした。
映画の前のわくわくも、
映画のあとの余韻もそこに座って楽しめる。

f:id:alicewithdinah:20160203185737j:image

エスカレーターをのぼってスクリーンへ…
日々をのらりくらりと過ごしてきたダメ男のマイクは、恋人フィービーに最高のプロポーズをしようと決心するが、なかなかうまくいかない。そんなある日、アルバイト先のコンビニで店番をしていたところ、謎の暗号を聞かされたマイクは、眠っていた能力が覚醒。スプーン1本で2人の暴漢を倒してしまう。実はマイクは、CIAが極秘計画でトレーニングされたエージェントだった。マイクは、計画の封印を目論むCIAに命を狙われることになるが……。(映画.comより)

毎度のことながら、あらすじを書くのが
うまくいかないので引用した。

f:id:alicewithdinah:20160203190300j:image

かんぺきなフィービーと、
おバカなマイクのカップルを見守る120分。

彼らの敵が突然銃を発射してくるのと、
マイクの覚醒っぷりにおどろいて
手元のポップコーンがたびたび進まない。

伏線の回収の仕方がかっこよくて爽快で、
勝手に「すごい」と思っていたけれど
すごいのはそこじゃなかった。
マイクの目的はいつでも、フィービーに
最高のプロポーズをすることだったのだ。

炎を背に指輪の箱を開けては
「今じゃないよなあ…」とつぶやく。

15禁ということもあり、
戦闘シーンはなかなかのグロさはあるけれど
お互いの目的が分かるから観ていられる。

クリステン・スチュワート演じるフィービーの
ちょっと低めの声と美貌も
ついついみとれてしまうけれど、
頼りなさげなヒロインが
本気を出す…という展開を観るのが
もともと好きだからマイクにもグッとくる。

映画を彩る音楽も昔っぽくていい。
ふたりが暮らす部屋で、
「pua nami o hawaii」を流す
レコードがかかっている。

ねたばれを避けるために言えないけれど、
続編を期待してしまうラストだった。

ふたりにはいつまでも、
かんぺきとおバカでいてほしいと思う。
それも、愛すべきかんぺきとおバカで。

f:id:alicewithdinah:20160203203103j:image