読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2006年のノートから

f:id:alicewithdinah:20160406165732j:image

部屋を掃除していたら
クローゼットの奥からノートが出てきた。
無印の、5冊でいくらかのノートだ。
当時の小中学生に流行っていた
「ノートデコり」が施されていたノート。

茶色の表紙にうさぎとパンダの絵が
ポスカで描かれており、その上に
「どくしょノート」と書いてあった。

中を開くと 060422…などと書いてあり
2006年4月22日に記録されたものだとわかる。
今でもそうやって書いているからだ。

2006年となるともう10年前、
小学5年生にあがるころの記録だ。

このノートを開いて、何かを綴るのは
昔から好きだったんだなと思った。

「どくしょノート」ということで
物語のあらすじと、心に残ったことを
まとめて書いていたようだ。
今でもそうやっている。
まとめたものをブログに書くこともあるし!


そして驚いたのがこの記録だ。

f:id:alicewithdinah:20160406165956j:image

周りの人に輪をかけて
字が汚い小学生だったので
見苦しい字を晒してしまって申し訳ない。

10年前の今頃に記録していた本が中山庸子著
『いい女は「ひとり」の時間につくられる』

そのへんにあった10年前の
写真の自分に向かって、
「おまえさん、10年前もそんなことを
考えてたのかい!!」と笑いたくなった。


↑こんなことを書いたこともあったけれど

私は小学生のころから、実は
自己啓発本を読むのが大好きだった。

中山庸子さんの本のことを記録してある
前のページはというと、
当時流行っていた「goodluck」という
自己啓発本(かな?)だったのだ。


子供っぽい表紙の「どくしょノート」には

「人から値踏みされたくなかったら
値踏みしない」

「年齢を輝きに変えるため、
できることからはじめよう」

などと書いてあったのだ。

その時も「おお、すてき」と思って
前のめりに記録したんだろう。
10年たった今、10年前の私が想像した
「いい女」ってなんだったのだろう、と
ちょっと想像してみたくなる。

「やむを得ずひとり」、より
「あえてひとり」を楽しんで……

なんだか11歳の私に言われているようで
背筋がきちんとするような気がした。

そしてこれからもたくさんの本を読んで、
ノートに記録していきたい。
10年前の私がくれた、よい習慣だと思うから。


Good Luck

Good Luck