旅は呼んでいる

最近、夢の中で立て続けに
いろんなところに行っていた。

すごくリアルだったのは、
 夢の中で目が覚めたら車の中にいて、日差しが暖かかったので窓の外を見てみると真っ青な空とヤシの木が見えた夢。

車が停まっているのは駐車場で、2月の旅行の最終日の朝にヨシノに連れてってもらったパン屋さんが駐車場の果てに見えたから、ここはハワイじゃなくてロサンゼルスなんだって分かった。車を運転出来ないはずの母が運転席にいて、「さ、朝ごはんよ」なんて言っていた。

ロンドンに行ったのは昨年の夏(といっても向こうの9月はすっかり冬だった)。ロサンゼルスへは今年の春。どちらも「今しかない」って思って出た旅だったけれど、ふたつの間隔が狭すぎたみたいだ。5ヶ月後、4ヶ月後ときて今なのだ。

夢にも出てきてしまうくらいに、最近また大きな旅に出たくなってしまっている。

「今はダメだよ〜」と自分に言い聞かせる。

f:id:alicewithdinah:20160530192616j:image

f:id:alicewithdinah:20160530192619j:image

f:id:alicewithdinah:20160530192634j:image

f:id:alicewithdinah:20160530192654j:image

f:id:alicewithdinah:20160530192707j:image

f:id:alicewithdinah:20160530192731j:image

f:id:alicewithdinah:20160530192719j:image

f:id:alicewithdinah:20160530193202j:image

f:id:alicewithdinah:20160530193214j:image

f:id:alicewithdinah:20160530193227j:image

f:id:alicewithdinah:20160530193245j:image

新潟みたいにじめじめと曇った日が多いけれど、二階建てのバスに乗って樹木の隙間や道路の向こう側に見えた美しい建物やさまざまな人間模様を見るだけで心が満たされたロンドン。

心が晴れやかになるような晴天がどこまでも広がって、車社会と言われるとおりに幅のある道路もどこまでも広がって、陽気な海辺の香りがいつも薄着の人々から漂っているようなロサンゼルス。

タイプは全然違えど、
どちらもすてきな場所だった。


次はどこに、いつ行けるだろう。
しばらくは夢の中で旅をするだけのつもりだけれど、夢を見たぶんだけ行ってみたい場所が広がってゆく。