読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TOO YOUNG TO DIE!

f:id:alicewithdinah:20160703123636j:image

昨年からずっと楽しみにしていた映画
『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』

1月のスキーバスの事故を受けて公開が延期されていた。(2月のはじめに公開予定だった)

f:id:alicewithdinah:20160703125126j:image

春になり、映画館で予告を観ているとこの映画の予告編も流れ出した。「うわー、やっぱおもしろそう!観なきゃ」と思った。

主人公・大助や大助の想い人・ひろ美たちクラスメイトを乗せた修学旅行のバスが、崖から落ちてしまう…。そしてなぜか大助だけ、地獄に落ちてしまう!!

地獄では鬼の形相をしたロックバンドが爆音で演奏をしていて、地獄市立の高校まであった!!


バスが崖から落ちてゆく描写は事故のニュースを思い出して流石にいやな鳥肌が立った。ジェットコースターにある根本的な安心感なんてなくて、操縦者がいない恐怖の乗り物と化するあの時間……

f:id:alicewithdinah:20160703125828j:image


それでも、脚本を担当した宮藤官九郎さんらしさがキキまくるセリフの数々、テンポの良い地獄の住民たちと大助のやりとりを見ていたら元気が出てきた。

久しぶりにプッと吹き出して笑ってしまった。


地獄で人気のiPhoneならぬ「鬼フォン」で見るニュースでは、「バスの事故で生存が確認されている人が1人いる」!大助は、大好きだったあの子だといいな、もう一度あの子に会いたい!!という真っ直ぐな気持ちで地獄をめぐる。

映画が描く地獄のつくりはなかなか複雑で、言葉で説明するのはなかなか難しいけれど、大助は何度も現世に行くことを試みる。ストーリーが進むにつれて事故や生前の大助たちのことがだんだんと明らかになってくると、すっきりもするしモヤモヤもしてくる。


f:id:alicewithdinah:20160703130338p:image

私は家族ぐるみで激しめのロックを聴くのが好きだったので、演奏対決や伝説のロッカーの小ネタが出てくるところもすごくワクワクした。


そして何より、本来よりも遅めの公開になってしまったけれど、キャストやスタッフが楽しんで作ってる映画なんだろうなというのがひしひしと伝わってくるのがよかった。

天国は極楽なところで、地獄はさまざまな罰で痛めつけ苦しめられるところ…という概念がちょっとひっくり返っちゃうかも!!

ジメッとするこの季節だからこそ、
大助のメラメラとした気持ちに寄り添って観たい映画だ。