読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一度観たあなたと分かち合いたくなっちゃうシン・ゴジラ

f:id:alicewithdinah:20160831093950j:image

 

人生で初めて、同じ映画を

スクリーンで2回も観てしまった。

シン・ゴジラ

1度観ただけではおさえられなかった。

 

--------------------

 

どんな映画だったかつぶやきたかった。 #細かすぎて伝わらないシンゴジラ タグでならギリギリ許されると思ったが、なるべくTwitterでネタバレはしたくない。でも、ブログでなら……?

 

ということで、これから好きなようにシン・ゴジラのことを書いていきたいと思う。(以下、敬称略)

 

予告編で一気に引き込まれた。今までゴジラ・シリーズを観てこなかったし、興味もなかったくらいだったのに。/どんな予告編だったかというと、とにかく目立ってた。他の映画の予告は印象的なシーンとセリフ、文字での煽り文句があって観ている人を惹きつける感じなのに、シン・ゴジラの予告編はといえばあの音楽が流れ、主要キャストが慌ててる様子などがうつされ、悲惨な東京の状態がうつされ、ゴジラが叫んでただけでシンプルだったのだ。/そのシンプルさにやられた。春先からたくさんスクリーンに通ったが、予告編を目にするたびに期待が高まった。/そして公開してからというもの、著名人がSNSで「シン・ゴジラ」が面白かった、しかもこういうところが面白かったというのを具体的につぶやきだした。口コミで広がっていた映画。/

 

f:id:alicewithdinah:20160906152158j:image

 

知らなかったから結構びっくりした

 

映画館で手にしたチラシに前田敦子って書いてあったのに、一回目観た時は見逃していた。ちょい役だった。/映画を観る前にゴジラの声は野村萬斎だと知ってしまっていたのに、いざ映画がはじまるとあまりの迫力に野村萬斎ののの字も思い出せなくなっていた。/音楽がワクワクする。デンデンデンドンドン/「完璧とは言えないが、最善を尽くしている」というセリフがあったとき、ああこれは日本を描いているんだなと突然腑に落ちた。/何にしろ会議が多い。しかもとくに進んでない。なにしろゴジラについて、はじめは何もわからなかったのだ。/

 

長谷川博己について、今までヘタレっぽい役の作品しか観たことがなかったので、かっこよって思った。/

 

f:id:alicewithdinah:20160906150734j:image

 

黒の女教師のときの市川実日子

 

f:id:alicewithdinah:20160906150810j:image

 

サムライ・ハイスクールのときの市川実日子

三浦春馬が受験勉強に集中できなさすぎて、とにかく意味なんて考えないで参考書に書いてあることを覚えなさいと言っていた市川実日子。好きだった。

 

シン・ゴジラ」の市川実日子は前髪があった。ちょっとぼさぼさだったのがよかった。「よかった」と言って最後に笑ったのも、よかった。/ラーメン伸びちゃうところが面白かった。上に立つ人が伸びるラーメンに悲しんだのはどのくらいの確率なんだろう。/ザラはどこ?/

 

ドレミファミーソーレーソードレミファミッ/レシファーーーーーーーミレミーーーーーーーレドレーーーーードシドーーーーー/LINEで友人に送ったらどの曲かすぐに分かってもらえた/

 

駅メロ的に一番私の好きな京浜急行がさっさとゴジラにやられてしまったところが悲しかった。/避難するときみんないろいろ持ち運ぼうと思ってあたふたしてるとき、市川実日子と声が素敵な高橋一生がさっさとパソコンを折りたたんで立ち去ったところがかっこよかった。大事なものが多すぎるのも命とりなんだ。/高良健吾が「みんな家庭もあったりするのに、不眠不休で働いててすごい。」/

 

みんなが画面をのぞき込むシーンがわりと出てきた。あれは、カメラに向かって演技するんだよね。私はどうしても笑っちゃうと思う。/前住んでたところがゴジラにやられてたとか、就活して落とされた会社がゴジラにやられててすっきりしたというのをtwitterで見た。/Hちゃんと訪れた銀座のあの交差点も火の渦にまかれてた。/

 

歌入りのレシファーーーーーーーミレミーーーーーーーのところは悲惨すぎて何回観ても泣ける/自衛隊、かっこいい。(みんなと意見が一致する)/無人運転の在来線アタックがほんとにかっこいい。京急が仲間入りできなかったのはかわいそう。/

 

東京から帰る前、ゴジラが息絶えたあたりのところで、友達とお茶した。

 

f:id:alicewithdinah:20160906152016j:image

 

新丸の内ビルディング。2回目に観たとき、ゴジラを倒すのにドミノ倒しとして使ったのか、ゴジラに倒されたのか、どっちだったかなって思って気になって観てたけど、よくわかんなかった。/

 

なんか映画観ようと思うんだけど、という友達に自信を持って勧められる映画だった。同じ日に私の友達2人が別々にシン・ゴジラを観に行ったくらいだった。/勧めると、また観たくなっちゃうからあんまり勧めたくない。/

 

 

4DX編(これが2回目の鑑賞)

 

 デンデンデンドンドンのとき、音楽に合わせて椅子が前後左右にかたむくのが楽しかった/「豪州を外遊中」をずっと「豪遊中」だと思ってた/中略/パタースンさんからいい香りがしそうだったし、男の人たちは数日同じシャツを着続けて少しにおうらしかったから、期待と不安が入り混じってたけど、とくににおいの強いシーンはなかった。煙もよくわからなかった。/発射のとき、肩の後ろからプシュプシュ風が出たり、背中をどんどん突かれた。背中は、マッサージチェアみたいだったのでどんどんやってほしかった。/水も出た。あんまりゴジラ暴れないで〜って思った。涼しい。/4DXのときのほかのお客さんは、わりと2回目に観に来てる感じのする人が多かった。みんな同じところでくすくす笑ってたから。/

 

誰かが言っていたけど、季節感のない映画だ。とくに寒いとか、暑いとかはない。/ジャック&サリー/最後のシーンはなんだったのか、様々な憶測を呼んでいる。私はゴジラのしっぽがアップになったとき、枝分かれしてるのは胎児に見えた。なんだったんだろね、ほんと。