読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとう、ELLE girl ~わたしのit girl~

f:id:alicewithdinah:20161227153930j:image

 

書店の棚に

ELLE girlの最新号を見つけると嬉しくなる。

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

ELLE girl は、今までも何度か

このブログで紹介してきたお気に入りの雑誌だ。

 

 

f:id:alicewithdinah:20161227153955j:image

 

f:id:alicewithdinah:20161227154007j:image

 

最新号は赤い表紙とピンク色の表紙があって、

赤い表紙のほうにはREVLONのリップがついてくる。

 

店頭で色が選べるということだったけれど、最新号を手にレジに並んだ日の私はとても急いでいて、もと・平積みされていましたという感じに置かれた「ラスイチ」を手にしたのだった。家に帰って開けてみると、新しい手帳の色(とても気に入っている)と同じピンク色のリップだったのでよかった。

 

ELLE girlの最新号の特集は「おしゃれガール図鑑」。

今、知っておくべきイットな132人が紹介されている。

 

it girlの特集といえばELLE girl が時折りやっているもので私はとても好きだ。世界で活躍する日本人女性(だいたいモデルだった)を知るのも楽しいし、初めにこの特集を目にしたころは東京が世界でこんなに有名な都市だってことを知らなかった。

 

ELLE girlでおなじみの中条あやみさん、森星さんを筆頭に

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

こちらの記事で「髪の毛を伸ばしてたときのモチベーション」として挙げていた萬波ユカさん、20歳になるときに長かった髪をばつんと切ってヘアドネーションに協力したという三吉彩花さん、そしてインスタグラムで目にしたことのあるような注目されているおしゃれユーザーの名が並ぶ。

 

イットガールの活躍はモデルの才能にとどまらない。

若者のカルチャーを牽引する存在や、みんなで考えていきたいことを提唱する存在、いろいろなタイプがいて楽しい。

 

それから目をみはったのは、ご当地インフルエンサーのコーナー。新潟市の方も紹介されていて、私も訪れたことのあるようなお店も載っていた。初めは海外セレブやスーパーモデルの名を知るツールとして親しんでいたこの雑誌が、ここまで身近なことを特集してくれるなんてと嬉しくなった。

 

it girl特集の他には、おなじみのセレブ特集や「1月号」らしい星占いのコーナーなど、こちらも楽しい。

 

 

次号はいつ出るのかなと最後のページをめくったとき、衝撃が走った。

 

「エル・ガール読者のみなさんへ」というタイトルを目にして嫌な予感がしたのだ。休刊のお知らせだった。今までも少しずつ趣向を変えたり、お休み期間が数カ月あったり、雑誌のサイズそのものを変えたりと変化の兆しはあったけれど、まさか休刊するなんて思っていなかった。ずっと見守ってきた大好きな雑誌だったので、ショックだった。

 

今後はエル・ガールオンラインが情報の発信を引き継ぐということだったので、こちらは引き続きチェックしていきたいと思う。

 

けれど!その前に!

この「イットガール特集」を読んでいて、もし私がELLE girlの編集部にいたらぜひ紹介したいと思っていた素敵なモデルさんがいる。

 

f:id:alicewithdinah:20161227154018j:image

 

http://www.covergirl-ent.jp/gallery.html?id=98

(写真は事務所のHPより)

 

中島沙希さん。

私と同い年の21歳だ。

 

今年の初めに山口小夜子さんの映画を観に行ったとき、インスタグラムのハッシュタグで検索した時にたまたま中島さんのページにたどり着いた。

 

中島 沙希さん(@saki_nakashima) • Instagram写真と動画

(インスタグラムはこちら)

 

黒髪が美しいし、撮影風景の一コマでみせる眼差しがキレイだなと思った。インスタグラムを見ていてすっかりファンになり、投稿を楽しみにしている。いつも和気あいあいと、周りに感謝しながら仕事を楽しんでいる様子に元気をもらえる。

だからELLE girlの「イットガール特集」の文字を見たとき、中島さんの顔がぱっと目に浮かんだのだ。

 

 最近活動拠点を福岡から東京にうつしたばかりということで、これからの活躍がますます楽しみ。

 

ELLE girlは休刊してしまうけれど、ELLE girlを購読して親しんだSNSのメディアや、そこから新しい世界が広がったりエネルギーを感じたりということはこれからも私の中で生きていくことと思う。

 

ありがとう、ELLE girl!!