読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もう、どん底のページはいらない

f:id:alicewithdinah:20170108095632j:image

 

今年に入ってからなんだか

いいことしか起きてないんじゃないか

と思うくらい、毎日を楽しく思う。

こうしてブログを最近毎日更新しているのも

たぶん楽しいから続けられてる。

 

近所のスーパーの抽選で当たりを引いたり

昨年からほしいなと思っていたものを

準・買い物初めのレジで

おまけとしてもらったり(またも、書店)

そのほかにもいろいろ毎日何かしら

なんだこりゃ、と思うような

嬉しいことがなぜか起こる。

まるで、ここ数年の間に蓄積した

さまざまなマイナスなことを一気に

覆していくみたいなイメージ。

 

こんな様子を見て、家族には

「今年の運を今使い果たしてるんじゃない?」

と怖がられたり、

「その波に乗ってラッキーな一年にするんよ」

と背中を押されたりしている。

 

大学1年生のとき、

すごく嬉しいことが1つあったあと

しばらく嫌なことが続いたことがあった。

そのぶんまたきっといいことあるよ、

今は「運の調整中」なんだよ、と

励まされた記憶がある。

「運の調整」は今も活きてるのだろうか。

 

嫌なことがあると、

「これ以上嫌なことはもうないでしょ」と

今はどん底にいるんだと捉えてきた。

でもそれが一体何回あったんだろう。

今はどん底、と開き直ってしまって

何かや誰かがあとで這い上げてくれるんだと

自分で這い上がる体力もつけないでいた。

どん底をどんどん更新して、

どん底のページは何ページにもなっている。

でももうそろそろいいかな、と思う。

 

なんだこりゃ、と嬉しいことを

素直に受け止める心と裏腹に、

これ以上いいことなんてないんじゃないかと

不安に思ってしまう心も私の中に存在する。

でもそれもまた、開き直って

何かや誰かが勝手に調整してくれるんだと

思ってしまってはいけない気がした。

 

今年はこれから大学最後の年になるし

踏ん張りどきだ、という覚悟はあったけど

たぶん何かに喜びを感じられる毎日は

「2017年の理想」なんだと思う。

もっと楽しいことを考えようと思う。

 

そしてしばらく嬉しいことを受け取った後は

またつらいこともあるかもしれない。

でも、今のこの嬉しい気持ちを

そっとどこかにくわしく書き留めておいて

いつでも思い出せるようにしておきたい。

 

楽しいことも、辛いことも、

自分の足で歩いて確かめて

きちんと受け止める1年にしたい。