読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『LA LA LAND』(試写会)

f:id:alicewithdinah:20170208113243j:image

 

ひと足お先に、観てきちゃった。

嬉しいことに試写会が当たったので、

早めの夕食をとって、映画館へ…

 

初めて『ラ・ラ・ランド』を知ったのは

年末だったかに出ていた雑誌の映画特集で。

今の映画と昔の映画とごちゃ混ぜになって

誰かのオススメの映画が

写真とともに紹介されていて、

背景の色と人物のドレスの色がきれいで

「この映画、今度観よっと」とすぐ思った。

その時は勝手に昔の映画だと思い込んでいて、

これから日本で公開されることに驚いた。

 

そのあと、年末年始にロサンゼルスに

行ってきたというアメリカ留学中の友人が

『ラ・ラ・ランド』が面白かったと

熱烈プッシュしてくれた。

ひと足お先に観ることになったと伝えたら

「この景色を本編で探してね」と、写真で

プレ"聖地巡礼"をさせてくれたので

私はますます映画が楽しみだった。

 

f:id:alicewithdinah:20170210085953j:image

 

ミュージカル映画だから、冒頭も一曲

歌と踊りで飾られている。

まず、それに一気に引き込まれてしまう。

なんというかもう、踊りもいいし、

フリーウェイのずっと続く上に車が沢山あって

ロサンゼルスの気候と、人々の

晴れ晴れとした顔がそこにあって

曲調もわくわくするし、初めから最高だった。

 

去年のちょうど2月に訪れたロサンゼルスを

瞬時に思い出した。

あの日もフリーウェイの上は渋滞していて

海の帰り、Uberの運転手さんが

舌を鳴らしていたのだった。

 

まだ公開前なので、あんまり

細かいパーツについては話さないほうが

いいと思うので書かないけれど、

観た人とは思わず

語り合いたくなってしまうだろう。

私もアメリカで映画を観た友人と

メッセージで1時間以上語り合ってしまった。

 

夢を追いかける

サクセス・ストーリーとして観るか、

ミアとセバスチャンの恋の物語として観るか、

そのどちらでもないか…観点はいろいろだけど

ぜひ焦点を変えて、また観たいと思った。

そうしたらまた、

この作品についてブログを書きます。

 

歌の歌詞も字幕の翻訳もとってもよくて、

心に響く言葉がいくつも見つかった。

友人いわく「そんなに難しい英語ではない」

ので、同じ歌を私も英語で

歌えるようになれたらいいななんて思う。

 

『ラ・ラ・ランド』の公開は24日。

ミュージカルやジャズが好きな人も

なにか夢がある人も、

夢が叶わないと落ち込んでいる人も、

ロサンゼルスのキラキラした雰囲気を

楽しみたいと思う人も、

そしてそうでない人にも

ぜひ観てほしい作品だった。

 

 

追記

試写会から3日経ったけれど、

楽曲がやはりめちゃめちゃよい。

サントラを聴いてはうっとりする日々。

ただし、映画の内容を思い出して

涙がこみあげてくることもあるから

化粧の最中に聴くことを自分に禁じた。

わくわくするのに泣けてくるってすごいよね。

 

予告編動画でも楽曲の魅力が伝わるので

ぜひYoutubeの予告編で聴いてみてください。