読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記が続いてる!

f:id:alicewithdinah:20170221182253j:image

 

月曜日から1週間が始まると考えるのと

日曜日から1週間が始まると考えるのと

この2種類が多数派なんだと思うけれど

(水曜日から…って考えるのも楽しいよね)

 

私の使っている手帳は3冊とも

月曜はじまりのものを採用している。

ちなみに今年の卓上カレンダーは

日曜はじまりだった。(今気付いた)

 

サザエさん症候群なんて言葉もあるけど

やっぱり日曜の夜って、

「明日からまた新たな1週間だあ」と思う。

 

そんなわけで、私は今年に入ってから

日記を書いていて(どんなわけでだろう)、

日曜の日記を書き終わると、

「今週も終わったなあ」という気分になる。

 

私は「ほぼ日手帳」を就活手帳にしているので

1日1ページの部分はその日に使うでなく

1日分で1項目、何か書くようにしている。

だから日記は「ほぼ日」らしい

1日1ページのスペースではなくて、

ウィークリーページに書くようにしている。

 

縦に時系列に沿って書き込める

バーチカルタイプのウィークリーページ。

でも私は時系列を無視して

1行に10文字くらいの勢いで日記を書く。

その日の下の空きスペースは家計簿がわり。

 

これも月曜はじまりで、

まっさらなバーチカルタイプのページが

曜日がすすむごとに横書きの文字が

何層にも重なって黒くなっていくのだ。

だから、日曜の日記を書き終わると

なんだかボスを倒したみたいな感覚になって

なかなか楽しい気分になる。

 

日曜の夜、今年は日記をどのくらい

続けて書いてるかなと思って振り返ってみた。

なんと、1月1日から毎日欠かさず

横書きの文字でつらつらと書いていたのだ!

あまりにも眠い日は短かったり

次の日の朝に書いていたりもしたけれど

その日その日に感じたことを

どうしても私は

書き留めておきたかったみたい。

 

日記をつける習慣は、こうして

習慣づいてみるともっと早くやってれば

大学生活もうちょっと違ったかもな…

なんて思ってしまうけれど、

今年に入ってから続くようになって良かった。

 

そういえば小学生のときは

子ども用のほぼ日的なものを使ってた。

2日で1ページ、見開き4日分。

挿絵もチョロチョロと書いていたっけ。

読み返すのはちょっと恥ずかしいけれど

今度どこにあるか探してみようか。

 

今書いている日記はいつ、

読み返すことになるんだろう。

その時の私はどう思うかしら。