いつ寝ればいいんですか?

映画『ビリギャル』を観たときに、

これは予告編でも使われていたんだけれど

「うちの子はいつ寝ればいいんですか?」

なんてせりふが出てきたのを覚えている。

これは、主人公の勉強の進み具合が

いよいよ受験までに間に合わない、と焦り

学校に通いながら寝る間も惜しんで

勉強する主人公を心配した母親の言葉だ。

 

確かに、高校でもフルに授業を聞いて

家でも寝ずに勉強して…というのは

いつかどこかで眠くなってしまうものだ。

その言葉を受けて、主人公の生活スタイルが

どのように変化したか…というのは

映画を観てのお楽しみです。

 

昨日は久しぶりに寝る支度も早く終わり

せっかくだから早く眠って早く起きようかな

なんて思って布団にもぐり込んだけど

それはなかなかの失敗だった。

 

早く眠ったのをいいことに、

その後もグッスリ9時間も寝てしまったのだ。

おかげで目覚めは…と言いたいところだけど、

それがそんなに良くなかったのだ。

肩はなぜか痛いし(たぶん寝すぎ)、

見た夢がよくなかった。

 

夜通し遊びに行っている夢だった。

しかもその舞台は夢の中でたまに構築される

なぞの駅前の世界だった。

新潟駅に似ているようでちょっと違う、

実家がお好み焼きやさんになった時の

夢と同じ駅前の世界。)

 

小中高問わず昔の友人に再会したり

海外に行ってしまって

しばらく会っていなかった設定の人に

再会したりとなかなか忙しかった。

 

いやー、夜通し遊んだみたいだ。

今は朝、また、1日が始まるみたい。

いつ寝ればいいんですか?

なんて、夢に言いたくなってしまう。

何も考えずにグッスリ眠りたかったよね。