春ドラマ

4月から始まったドラマが

ぞくぞくと最終回を迎えた。

 

あなたのことはそれほど

人は見た目が100パーセント

・ボク、運命の人です。

 

を今クールは観た。

 

「あなそれ」はとにかく注目度がじわじわと

上がってきて、私の周りでも観ている人が多く

観ていなかった人も口コミで

観はじめる…なんて作品だった。

 

主題歌「CQCQ」もイントロから毎話の

衝撃的なラストに似合う曲で中毒性があって

ドラマにぴったりだったと思う。

なんのドラマでも主題歌の歌詞に注目して、

「これはドラマの中の誰の目線で

書かれてる歌詞なのかな」と考えるのが

好きなんだけど、「CQCQ」は誰だろ。

 

波瑠さん演じる悪い女っぷり、

「21世紀の冬彦さん」と言われる

東出昌大さんの怪演、

「ザワザワさせる」キャストの皆さん。

最終回では名言もたくさんあって、

多くを語らないキャラクターほど

その行動に含みがあって、

あれこれ想像させられるラストだった。

 

 

 

「ひとパー」は、ブルゾンちえみさんが

ドラマに出るということで気になって観た。

第1話で

「こんなに引っ込み思案な人、いる?」

なんて桐谷美玲さん演じるキャラクターに

驚いてしまったけど、

「ビューティー研究」の数々や

化粧品会社の社員の華やかな着こなしが

見ていて楽しくて全話観ていた。

 

サントラもおもしろい曲が多くて、

注目していたブルゾンちえみさんが

いつものネタの時より格段にメイクが薄くて

性格も全然違う人を演じていて、

「同じ人でも装いや心の持ちようで

こんなに別の人に見えるんだ…!」と

改めて気付くこととなった。

やっぱり話し声が素敵なブルゾンさんだった。

 

普段は化粧っ気なく、地味な役どころだけれど

ドレスアップした姿はまさにいつもの

キラキラしている女性だった桐谷美玲さん。

ちょうど最終回を観るころ、

友人に貸していた「のだめ」のドラマDVDが

返ってきたので、音大生の清良役だった

水川あさみさんが男の子のお母さん役をしてて

はたまた若い頃はギャルだった…という

設定だったのも面白かった。

 

女子、としていろいろと見た目に

気をつかうことは骨が折れることもあるけど

楽しんで「研究」したいな、と思った。

 

 

 

「ボク運」はなんといっても

"修二と彰"のコンビが再共演ということで

注目度の高い作品だった。

そして私は木村文乃さんのファンで、

木村文乃さんと菜々緒さんの

再々共演ということで楽しみにしていた。

前の作品では殺しあったり、

派閥同士でいがみ合うような役だったのに

親友同士、としての共演でほっとした。

 

山下智久さん演じる「謎の男」は

亀梨和也さん演じる誠にとって

ドラえもんのような存在だった。

「運命」がキーワードとなるこの作品、

クラシックの曲がたくさん出てくるのも

すてきなポイントだった。

 

そして、一見「関係ない」と思われる

些細なことも、目には見えない力で

タイミングや運をつかさどってるのかな

なんて思えてしまうような出来事が

たくさん起こるドラマで

誠と晴子(木村文乃さんの役)の周りの

優しい気持ちや、誠の頑張りで

晴子さんとの心の距離が近づいていく

過程を見るのは毎週の楽しみだった。

 

 

ということで、今クールのドラマのことを

忘れないように書き留めて見た。

ネタバレはしてません。

 

これから始まるクールのドラマも

面白そうなのがたくさんあって、困ったな。

録画容量がまたぱんぱんだな。