読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リアル・テルマエとストーンヘンジツアー

「謎の国のありす」というこのブログのタイトルは、ブログを始めた当時私の口癖が「なぞ!」だったためにつけられたものでした。

f:id:alicewithdinah:20150909013257j:image

謎多き世界遺産の「ストーンヘンジ」へと、日曜日は足を伸ばしてきました。

英語学校のアクティビティの週末編はこれまた任意の格安バスツアー。内容に含まれていた行き先「バース」もきれいなところだと母から聞いていたので参加することにしました。

ツアーの集合場所は「ハリーポッター」のあの壁にめり込むカートがあるキングスクロス駅!でしたが、のんきに土曜を過ごしていた私はツアーの詳細が書いてある紙をよく見ておらず、当日とっても急いでいたので楽しめませんでした。

バスに乗るとユウタとアオイがいちばん後ろの席を取っておいてくれました。

f:id:alicewithdinah:20150909013652j:image

他の英語学校の生徒とも合同だったらしく、バスはほとんど満席です!

イギリスは中心地から郊外に向かってZone1.2.3…と数字が大きくなっていきます。ちなみに私はZone2の家からZone1の学校へ通っています。バスはキングスクロス駅の位置するZone1からどんどん数字の大きい郊外へと走っていきます…

晴天であたたかく、こちらの田舎はのんびりしていて明るいところのよう。ヒースロー空港を過ぎれば草原で羊が草をはむところをバスから見ることができます。あまりの気持ちよさにうとうとするうちに、バースに着きました。

f:id:alicewithdinah:20150909014100j:image

f:id:alicewithdinah:20150909014136j:image

こぢんまりとしていながら、聞いてきたとおりとても美しい街です!

f:id:alicewithdinah:20150909014255j:image

ガイドについてウォーキングツアー。

f:id:alicewithdinah:20150909014330j:image

この建物、買い取るとなると何億ポンドもするそうです!(今は1ポンドだいたい200円くらいです)きれいな曲線は、ピカデリーサーカスのリージェント通りみたいです。

f:id:alicewithdinah:20150909014514j:image

タイミングよく、ノリのよい自転車乗りがポーズを決めてくれました。

任意で、「Roman Bath」といってバースにある「テルマエ」の展示を見ることができるということで、「テルマエ・ロマエ」のファンとして是非行かねばと思い見に行ってみました。

f:id:alicewithdinah:20150909014755j:image

声がとてもよく響く大浴場。かつて人びとはここで泳ぎ回ったり、向こう岸にいる友達を大声で呼んだりして楽しく過ごしたそうです。

f:id:alicewithdinah:20150909015139j:image

それからイギリスに来てから、街ゆく犬がおしゃれだなと思っています。バースでもふかふかのチャウチャウに出くわしました。「写真を撮ってもいいですか?」と聞く前にこのカメラ目線!きっと撮られ慣れているにちがいありません。

お昼をとる時間あまりなかったため、バーガーキングでとても大きいハンバーガーを買い(バースにはだいたいのファストフード店もあります)バスに乗り込み次の目的地へと向かいました。お腹いっぱいで日差しの中バスに揺られていると、やっぱりどうしても眠くなります。

f:id:alicewithdinah:20150909015116j:image

バスを降りると何かが見えてきました…

f:id:alicewithdinah:20150909015359j:image

ここはソールズベリー大聖堂。あの「マグナカルタ」が保存されているのです!

f:id:alicewithdinah:20150909015450j:image

f:id:alicewithdinah:20150909015511j:image

写実的なステンドグラスに、広々とした空間にどっしりとした存在感あるパイプオルガン。フォトジェニックでした。

f:id:alicewithdinah:20150909015629j:image

大聖堂のカフェでお茶もしました。本場の「ショートブレッド」をいただきます!!

そのあとはふたたびバスに乗り込み、きょうの目玉ストーンヘンジへ。バスを降り、オーディオガイドを手渡されてストーンヘンジへと向かう施設のバスに乗り継ぎおよそ5分…

f:id:alicewithdinah:20150909031035j:image

ストーンヘンジが間近に迫ります!!

f:id:alicewithdinah:20150909031216j:image

近くにいた観光客をまねて、石を押してみたり

f:id:alicewithdinah:20150909031259j:image

バスガイドさんのご厚意でユウタとアオイと一緒に写真を撮ってもらったり…

とてもあたたかい午後だったのでいつも羽織っているコートはバスに置いてきました。天気もよくて最高の眺めです!!

f:id:alicewithdinah:20150909031457j:image

美しいバースに壮大な大聖堂、謎がきらめくストーンヘンジ…ステキなところをたくさん回ることができたこのツアーでしたが、私たちを夢中にさせたのはバスの中から見えたりストーンヘンジの隣にいた羊たち!!

「注意!」と書かれた貼り紙をしっかり確認しさえすれば、羊たちのいる柵の中に入ることができるんです。柵に入りおそるおそる(草にまぎれる羊のふんを避けながら)近づいてみても羊たちは気にも留めません。

f:id:alicewithdinah:20150909031907j:image

座ってひたすらもぐもぐと咀嚼している羊は最高にかわいかったです。

遠くにもぽつぽつと、さらに遠くまで見渡すと牛もいます。いつまで見ていても飽きず、30分くらいは羊を眺めていました。

帰りのバスでふたたびうとうとし、気がつくと8時を回りバスの外の眺めも暗くなっていました。

ふだん過ごしているロンドンの中心地から外れてみて、大自然を肌で感じ癒された日曜日でした。

f:id:alicewithdinah:20150909032209p:image

最後に、テルマエの縁に座っていたきっとこの施設の職員さんであろうモデルを載せておわります。