読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風邪引きダイジェスト

風邪がよくならないままに、ロンドンを去る日にちがこくこくと近づきます。

なかなかブログを書けない日々が続くなかでも、順位をつけられないほど素敵なことだらけだったのでダイジェスト版でお送りさせてくださいね。

木曜日

f:id:alicewithdinah:20150923045821j:image

ハリポタツアーの後すっかり風邪をひいてしまい、翌朝になってもつらいままだったので授業はおやすみしました。ハリポタツアーで見たばけものたちの夢ばかりなのはガマンして、夜に予定していたミュージカル「レ・ミゼラブル」のためにしっかりやすんでました。

日本で映画も上映されていたけれど観る機会がなかった、でもとても気になっていた「レ・ミゼラブル」。言葉がよくわからなくても感動で思わず頬を伝う場面があり自分でも驚きました。

金曜日

f:id:alicewithdinah:20150923050304j:image

アオイのクラスメートに誘われて、日中韓と日本語好きのアレックスと一緒にお昼を食べに行きました。

英語以外の言葉は通じなくても、さすがアジア!ドラマや音楽の話は共通のものがあるし、みんな隣国の文化に興味津々でした。中国では私たちの国でメジャーなSNSが禁止されていることが多いのに驚きました!facebookを交換したかったのに〜と残念でした。

土曜日

休日なのに早起きして、いざオペラハウスへ!

高価なオペラハウスでの観劇をリーズナブルにする方法…それは枚数限定の当日券を手に入れることなんです。友人が教えてくれて、せっかくだからとバレエの公演のために並びました。並ぶ列を間違えるなんていうハプニングもあったけれどなんとかゲット!

ロンドンブリッジ駅周辺、土曜日限定で開かれる「バラ・マーケット」に寄って

f:id:alicewithdinah:20150923181618j:image

ふくろうのショートブレッドをゲット!

そのあとは初めて乗る電車に揺られて…

f:id:alicewithdinah:20150923181656j:image

美しきウィンザー城に到着です。
女王が過ごされることもあるこの巨大なお城。なかに入るとひとつの街みたいなんですよ!

f:id:alicewithdinah:20150923181808j:image

城内の写真撮影は禁止されていたけれど、煌びやかで豊かな気持ちになれるすてきな場所でした。公務中の衛兵さんは絵に描いたような姿です。

f:id:alicewithdinah:20150924051554p:image

場所はロイヤルオペラハウス、今宵の演目はバレエ「ロミオとジュリエット」。

「ロミオよロミオ、どうしてあなたはロミオなの?」で有名な悲劇。ロイヤルバレエ団には言葉のないミュージカルのようであるという特徴があるそうで、堅苦しくなくて親しみやすく、言葉がないので会場にいる世界中の人がクスッと一緒に笑えることができます。

当日券のことを教えてくれた友人は、本日のロミオを演じるバレエダンサーのスティーブン・マックレーの大ファンです。かねてからすっごくかっこいいということや、プロ意識の高さを聞いていたけれど、実際に彼のダンスや表情に魅せられ(親切にもホストファザーがオペラグラスを貸してくれたので、ドレスの模様までバッチリ見えました)私もすっかりファンになってしまいました!

f:id:alicewithdinah:20150924051923p:image

後ろの席ではありましたが本場の空気をじかに感じることのできるすてきなひとときになりました。


日曜日

f:id:alicewithdinah:20150924052518j:image

アオイと一緒にオックスフォードへ!

週の初めに長距離バスを予約してあったのでらくらくでした。オックスフォードの有名どころといえば名高い「オックスフォード大学」、ハリーポッターに出てくる食堂のロケ地になった「クライストチャーチ」、そして「不思議の国のアリス」が生まれた地である、ということです。

f:id:alicewithdinah:20150924052833j:image

f:id:alicewithdinah:20150924052910p:image

パイプオルガンの音色とステンドグラスに差し込む光に包まれた教会にいれば神聖な気持ちになることができて、「アリスショップ」に行けば里帰りでもしたような気持ちになることができる…ここで暮らすオックスフォード大学の学生がうらやましくなります。

「アリスショップ」で会計のときに、「私の名前、アリスっていうんです」と店員さんに話してみたら「かんぺきね!」とほほえんでくれました。


月曜日

あたらしい1週間の始まり…

f:id:alicewithdinah:20150924053341j:image

放課後はロイヤルオペラハウスの近くにあって気になっていた「ロンドン交通博物館」を訪れてみました。

ロンドンはコンパクトな街でありながら、やっぱり移動にはバスや地下鉄が欠かせません。ロンドン名物の二階建てバスもつぎつぎに来る地下鉄も私は大好きで、その歴史を知りたいと思ったのです。

f:id:alicewithdinah:20150924053632j:image

人口が増え続ける時代をなぞって交通手段は馬からバスへ。たくさんの人の手で掘られた地下鉄は世界大戦時には防空壕となり、ロンドンの住民を守りました。

f:id:alicewithdinah:20150924053749p:image

交通にかんする広告もたくさん展示してありました。色づかいやメッセージ性、フォント…どの要素を取っても華のある広告たちは見ていてとっても楽しかったです。


火曜日

f:id:alicewithdinah:20150924054102j:image

大英博物館と同じくらい巨大な「ヴィクトリア&アルバータミュージアム」を訪れました。

各国のコレクションはもちろん、時代とともにうつり変わるファッションの展示や英国の文化に特化した展示を見ることができるこの博物館。

f:id:alicewithdinah:20150924054308j:image

f:id:alicewithdinah:20150924054350j:image

その品数や広さには圧倒されますが、おしゃれで緻密な作品をたっぷり楽しんできました。

f:id:alicewithdinah:20150924054502j:image

帰りがけに老舗のデパート「リバティ」に寄りました。花柄の布地「リバティプリント」を使って作られたアイテムやさまざまなブランドの商品が揃うこのデパートは、外観からも伝わるように内装も木造のあたたかみがあり、訪れるとホッとした気分になるのでふしぎです。


水曜日

f:id:alicewithdinah:20150924054758j:image

アオイとともにお昼はチャイナタウンまで足を伸ばし、中華のブッフェを楽しみました。

リーズナブルでだいたいの中華を食べることができるレストランでした。野菜のあんかけや酸味のあるソースがかかった揚げもの、春雨のサラダ…中国茶もあたたかくて大満足でした!

もうすぐロンドンを去るふたりの今日の目的は「橋ツアー」。「ロンドン橋落ちた」で有名な「ロンドンブリッジ」、そしてふしぎな構造をしている「タワーブリッジ」へ!

f:id:alicewithdinah:20150924055240j:image

f:id:alicewithdinah:20150924055256j:image

アオイが、橋が跳ね上がる時間を調べていてくれたので時間がくるまで川辺でのんびりしました。いよいよだというころ、橋の上の交通の流れがとまり私たちの周りの人もそわそわしはじめました。

橋がゆっくりと跳ね上がり、上がりきると大きな船が堂々と通り過ぎて行きました。

ふたりとも撮影に夢中だったけれど、「やっぱりあれを見なきゃ日本に帰れないよね〜」なんて話していたので念願がかなってよかったです。

なんだか風邪ももうすぐ治りそうです。