読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

california dreamin'

f:id:alicewithdinah:20160226081013j:image

木の葉はみんな枯葉色、そして空はどんより鉛色
そんな冬の日、僕は散歩していたんだ
もしロスにいれば気持ちが安らぎ暖かいのに…
こんな冬の日にはカリフォルニアを夢見るよ
(The Mamas & The Papasの
california dreamin' より)

この歌をいつかラジオで初めて聴いたとき、カリフォルニアって明るいところ!っていうイメージだし、タイトルにも「カリフォルニア」って入ってるのになんでこんなに雪景色みたいな曲調なんだろうと不思議に思っていました。

でも、こういう歌こそ一度でも聴いたら心を掴んで離さないものです。ロサンゼルスゆきの飛行機の中でも聴きました。

歌詞の主人公はどんな気持ちでロサンゼルスを夢みているのかな… いつかこんな気持ちになるときが来るのだろうか。

ロサンゼルスでの楽しい旅行も終わりになりました。今、空港で羽田ゆきの飛行機を待っています。

f:id:alicewithdinah:20160226082006p:image

朝はヨシノと一緒にパン屋さんへ。


なんでも、有名ユーチューバーの「バイリンガール」さんがここの「フレンチトーストベーグル」をオススメしているらしい!ヨシノが友達に聞いたと教えてくれました。

「モカの上にホイップクリームを載せる?」の質問にイエスと答えたがために思ったより高額になったり、小指にへんなミサンガをつけられたり、ノーと言えずに痛い目に遭うことが何度かあったのでレジで何か聞かれたら「追加料金かな」と思うものはノーしてました。

そしたら、フレンチトーストベーグルにつけるとおいしいクリームチーズがついてこない!!!バターがついてたから、いいか。

「バイリンガールふうに、感想言ってみて」
「えー、こちらのフレンチトーストベーグルはー、外がサクサクで中はふんわりです!」

思ったよりも甘ったるくなく、カフェラテとあうおいしさでした。

ヨシノは学校があるので、家までまた車を走らせそこでバイバイしました。「また日本で会おうね!ありがとう!!」

郵便局に行って戻ってきて、荷造りをやっているとシノブさんに会いました。「荷造りできたら出発までリビングでゆっくりしてってね!」

f:id:alicewithdinah:20160226082613p:image

部屋に初めて入ったときはこんな感じだったかな。数日間、居心地よくすごせた部屋でした。

リビングにいくとシノブさんがおいしい紅茶を淹れてくれて、しばし話していました。アメリカで暮らしていくことの楽しさや大変さ、シノブさんの好きなこと…

はじめは空港まではUberでゆく予定でしたが、ヨシノと一緒に住んでいるミスンさんが送ってくれるということになりました。「また遊びにきてね!」とすてきな笑顔です。

ヨシノのルームメイトは親切な人ばかりでした。

海外旅行するのは、これが3回目。
暖かい場所ははじめてでした。

ミスンさんに送ってもらって着いた空港でも、お店の中や道ばたでも、通りすがる人が「ハイ」と声をかけてくれる…心がほぐれるような、いつもあたたかい気持ちになります。

ロサンゼルスを旅してアメリカがもっと好きになったし、また行きたいと思いました。

それからとってもありがとうを言いたいのは…

f:id:alicewithdinah:20160226083544p:image

ヨシノ!!

じっくり勉強するために日本を離れ、今もちょうど学校で授業を受けて頑張っているヨシノ。テストもあって忙しいなか、ロサンゼルスを楽しめるプランを考えてくれたり、おいしい食べ物のお店を教えてくれたり…見知らぬ土地にも友人がいたから、不安じゃありませんでした。

YOSHINO | alice with dinah

2年前にこんなブログを書いていました…

もともとヨシノは優しかったけれど、アメリカに渡ってからたくましさも備わってますます輝く人に成長していってます。

どこかに渡ってその土地に染まる…という人は多いけれど、ヨシノの場合は芯をもってその土地に適応しているといった印象を、言葉のふしぶしから感じます。

日本に帰ってきたヨシノに会うたびに、いつも刺激をもらっています。

f:id:alicewithdinah:20160226084119p:image

旅行中は意外とあんまり写真をたくさん撮れなかったけれど、12月にプリクラに書いた夢がかないました。

すてきな友人を持ちました。

必ずしもディズニーランドでなくても夢の国、ロサンゼルスでした。
いつかまた来るね!!