読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。

相変わらず私の中でキャッチコピーがアツい。

 

会えない日もちゃんと可愛くてごめんなさい - 謎の国のありす

 

「会えない日もちゃんと可愛くてごめんなさい」など

女心をぴたりと言い当てるルミネのキャッチコピーを考案している

尾形真理子さん。(本を購入するまで気が付かなかったのだけれど)

 

尾形真理子著「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」

 


女子なら誰もが共感してしまう、せつないコピーと鮮やかな色彩が印象的な「ルミネ」の広告まとめ - NAVER まとめ

 

読了後、このページを見てルミネの広告が小説の目次に

実際に使われてたんだ!と新たな発見があった。

 

「試着室で思い出したら、本気の恋だと思う。」

やけに納得させられるようなタイトルは、初めてこの本を

書店で見かけたときから気になっていた。

実際に手にしてみて読み進めるうち、「あれ、これってもしかして…」

ルミネのキャッチコピーを考案した人が著者であったことを知る。

 

路地裏のセレクトショップが舞台のこの小説の主人公は

都内に住む恋愛下手な女性たち。

セレクトショップのオーナーと自分を変える一着を探していく。

 

感情は、年を取らないのかもしれない。

対処の仕方が大人になっていくだけで。

(「可愛くなりたいって思うのは、ひとりぼっちじゃないってこと。」より。この章の主人公の女性のふるさとは新潟だった!)

 

実らなかった恋にも、ちゃんと実ができている。 

 

この試着室で着替える女の子たちは、何を考えてこの鏡と向き合っているのか。誰を思いながら、この試着室で新しい服に着替えるのだろう。 

 

なんだか私の好きなバンド、アーバンギャルドの浜崎容子さんが

「意思のあるお洋服って素敵だな」とつぶやいていたことを思い出した。

 

似合うと似合いすぎるは違う。

歳をとるにつれて、人生経験を重ねるにつれて似合う服は変わる。

服を着ることで素直になれる。

 

女性が輝いていくストーリーは個人的に好んでいるけれど、

この本は至る所に尾形さんのセンスが散りばめられた作品だった。

久しぶりに服が欲しい、それも安く沢山、ではなくて

納得のいくまで吟味して、店員さんとも相談して

これだ!と思える一着に出会いたいと思ったし

今手元にある服を大切に着て自分を振り返ってみたいと感じた。

そして人、とりわけ女性を変えるのは

化粧や服も手伝うかもしれないけれど結局は意識なのかも、とも。

 

キャッチコピーの話に戻るけれど

言葉で対象の魅力を語れるのってとてもすごいことだと思う。

 

昨年から注目しているのが神崎恵さん。

神崎恵 オフィシャルブログ powered by ameba

 

書店を歩き回っているときに、他の美容本とは違った雰囲気のものを発見。

メイクのプロセスも、そこから望めそうな効果も、やけに説得力があった。

神崎さん自身が美人であることも立派な理由なのだけれど

文章力がある人なんだなと感じた。

 

「ほわん」「とろん」と五感に訴える表現がわかりやすかった。

 

美しい靴は幸せな場所に連れて行ってくれる 

ひとりで幸せになれるひとは、ふたりならもっと幸せ。 

 

今すぐ化粧品を集めて真似してメイクするなんてむり!と思っていても

本に散りばめられた言葉たちを集めて見返してみると

「なんだ、意識をするだけでもなんだかうまくいきそう」なんて思えてしまう。

 

キャッチコピーについて話をまとめるつもりが、ちょっと脱線した。

女性として生きていると必要な美容のあれこれ。

そのなかで言葉の力は、ここでも生きてくる。

 

 

試着室で思い出したら本気の恋だと思う (幻冬舎文庫)

試着室で思い出したら本気の恋だと思う (幻冬舎文庫)

 

 

 

読むたびに可愛くなれる 最強の恋に落ちる魔法の言葉

読むたびに可愛くなれる 最強の恋に落ちる魔法の言葉