『コンビニたそがれ堂』

f:id:alicewithdinah:20180210102315j:image
 私の部屋には本棚が合わせて4つある。絵本だけが収納されている机の横の棚に、絵本とちょっとした雑貨が並べてあるエアコンの下の背の高い棚。そして大学生になって新しく増やしたのが、単行本や小さな雑誌を並べる棚と文庫だけの棚だ。


 6歳の頃からこの部屋で暮らしている。そろそろ床が抜けちゃうんじゃないかってくらい、ものが多い。やっぱりその中でも本ってそのウエイトをかなり占めてる。絵本の棚は普段あまり見ないけれど、文庫の棚は増え続ける文庫に膨れ上がりそうなのでたまに点検する。奥行きがある棚が3段。私はそこに、奥と手前に1列ずつ文庫を収納し、計6列としている。手前に収納した1列が3段分、計3列ぶんしかパッと見では収納されていないように見えるのがわが部屋の文庫棚なのである。その、パッと見で見られる部分をSNSにあげたら、「森博嗣多くね」というコメントが来た。友人からだった。おっしゃるとおりである。その友人も読書家なので、彼女のおすすめを聞くことにした。それで教えてもらったのが、村山早紀さんの本である。


 村山早紀さんの『コンビニたそがれ堂』。書店で探したら、私が普段あまり立ちどまらない棚にあった。ほっこりするイラストが印象的な一冊だった。村山さんについて調べてみると、児童文学作家さんであるらしい。(名前を覚えていなかっただけで、村山さんの作品を小学生の頃に読んだことがあるかも!?)どんな物語がこの中につまっているんだろうとわくわくした。


 『コンビニたそがれ堂』は短編集のシリーズものである。その中の一番はじめの巻を手に取ったのである。探し物をしている人だけが行き着ける、すてきなコンビニがどのお話にも出てくる。中でも目を惹いたのが、『桜の声』という短編。主人公はアナウンサーの桜子。街を見渡せるガラス張りのスタジオで、平日お昼のラジオ番組を担当している。スタジオから見える桜の木の前で不思議な体験をするというお話だ。


 私も現在、休日お昼のラジオ番組を担当している。頂いたメッセージを読んで、反応し、リクエスト曲を流す。それだけでなく、『桜の声』の桜子もそうであるように、日々の暮らしが番組につながると思って生活している。そういう癖がついた。何か珍しいものを食べたら…新しい場所に行ってみたら…感動を言葉にして次の担当の時に話そう、という気持ちにすぐになる。桜子みたいな不思議な体験をしたことはないけれど、何気なく手に取ったレコードに50年近くも前のリクエストはがきが挟まっていたり、私の親世代の方から当時のエピソードとともに懐かしめのリクエスト曲を頂いたりする。そんな中で、今までよりいろいろな年代に思いを馳せる時間が増えていく。もうちょっと未来も見たほうがいいんだろうけど。『桜の声』の桜子はその優しい気持ちがつまった声で、街の人の心を包む。彼女の番組のファンもたくさんいる。私も頑張ろう、と気合が入った。


 そして最後に収録されていた『あるテレビの物語』。あるお父さんとお母さんが住む家に、女の子が生まれた。その記念にと迎えられた一台のテレビ。そのテレビが家族を見守るというお話。ホームビデオを撮影したら、テレビにつないで大きな画面でみんなで観る。朝はニュース、夕方はアニメ、夜はドラマや音楽番組…小さい子供がいる家庭にとって特にテレビはありがたい。でも、何年も使ったらそりゃ調子が悪くなる。『あるテレビの物語』はそんな家族の「その先」が描かれていた。


 いつから私は本を手に取るとき、「これはまだ早いかな」と思わなくなったんだろう。気が付くと「もっと難しい本読まなきゃ」と思うようになったし、「最近疲れたから軽めに小説でも読もうか」なんて思うようにもなった。実際に物語を書くにはその土地や登場人物の仕事について、時代考証や専門性が求められる、とも。(とくに最近、テレビドラマがそう)でも、村山早紀さんの書く物語は違った。児童文学がもとになっている作品であり、大人が読みやすいように文章を増やした…とあとがきにあったけれど、専門性や緻密さだけが物語の価値ではないと改めて気が付くことができた。


  細かい描写はなくとも、大切なことは伝わる。むしろ、詳しすぎないからこそダイレクトに伝わってくる。こんなに読みやすく、じんわりとあたたかい気持ちを心の底から生み出させてくれる村山早紀さんの作品。『コンビニたそがれ堂』では通奏低音のように、動物やものなど言葉を発しない対象が、本当は心を持っていてそばにいる人を一生懸命に見守っていることが描かれている。なんだか周りにあるものを1つ1つ大切にしたくなる。村山早紀さんの本を初めて手に取ったけれど、もっともっと読んでみたい。私におすすめしてくれた友人へ、どうもありがとう。

『うつくしい人』『漁港の肉子ちゃん』

f:id:alicewithdinah:20180209141637j:image

 

   好きなブックカフェがある。しいんとしていて、陽気な音楽が流れている。壁一面の本。こっくりとしたラテ。そのそばには、うす茶色の角砂糖がコップに入って置かれる。そこで私は本を読んだり、こうして文章を書いたり、考えごとをしたり、メールを作ったりする。そして帰りがけに一冊、本を借りる。先日、手に取った一冊を見て店主さんが「これもぜひ」と持たせてくれた。鞄は重いが、心は軽い。

  西加奈子さんの書く小説は今までにも何冊か読んできた。人は一人一人違うんだということを改めて見せつけられる描写の数々。その中にも「わかる、わかる」と身を乗り出してしまうような安心感がある。読み終わると、それまで心に溜まっていた澱みがデトックスされて、生命力があふれてくる感じ。つい癖になってしまう。なんだか西さんの本ばっかり読んでしまいそうで、怖いくらいに。西さんの本を読んでいる時期に授業でレポートの提出を求められたら、文体に影響を受けてしまいそうなくらいに。

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 



  そんな西加奈子さんの書く、『うつくしい人』そして『漁港の肉子ちゃん』。この二冊もまた、最高のデトックス本だった。『うつくしい人』は、他人の目を気にして生きてきた女性が東京を飛び出し、滞在する離島のリゾートホテルでの出会いをきっかけに心をほぐしていくお話。物語の中の「現在」として描かれる方に年齢が近いのに、私にとってリアルに突き刺さってくるのは主人公の女性が中学・高校生の頃の心情であった。

  そして『漁港の肉子ちゃん』。こちらを、ブックカフェの店主さんに「これもぜひ」と持たせていただいたのだ。『うつくしい人』をすぐに読み終えたあと、より分厚いこの一冊を手に取って読み始めた。38歳の母、「肉子ちゃん」こと菊子。主人公は小学五年生の「キクりん」こと喜久子。「今までよりも北の国」に移り住んだ親子の物語である。

  「自ら大きいって書いて、臭(くさ)いって読むのやから!」なんて、漢字のつくりについてをはじめ、突拍子もない発言から底抜けに明るい性格がにじむ肉子ちゃんにすぐに惹かれてしまった。たいして、娘・キクりんは冷静である。そんな2人の掛け合いに、私は読みだしてからというもの笑いが止まらなかった。「これは、バスの中で読めないな…」

  読み進めていくと、今までの読書体験と違う心地がしてきた。そのわけは…「自分、靴、何色ら?」「あんた達、ついてくんなてー。」お分かりいただけただろうか。明らかにこれは新潟弁だ。今年になってから、新潟にまつわる本を読むのは3回目である。『それを愛とは呼ばず』、『星がひとつほしいとの祈り』、そして『漁港の肉子ちゃん』。一冊飛ばしで出会ってきた。なんだか改めてふるさとに運命を感じてしまう。いつかブログにも書いたことがあるけれど、西さんの作品には「わざわざ声に出して読みたい文章」が多い。中でも新潟弁がここまで軽妙に書かれていると、我が家で読んでいるのをいいことに、いちいちセリフを声に出して読んでしまった。

 

  小学校高学年の女の子が主人公である作品、ときいてぱっと思いつくのは小学校の図書室にあった本である。タイトルはもう忘れてしまった。当時、同世代のことが書かれているからかなり共感したことは覚えている。でも、『漁港の肉子ちゃん』がその記録を軽々と破ってしまった。クラスの中での立ち位置。女の子たちのささいなすれ違い。これは説教じみた児童向けの物語ではない。西さんが女の子たちのそばにしゃがんで、寄り添ってくれているようなあたたかみがある。

  主人公・キクりんは冷静だけど、優しい女の子だ。年齢にしては大人っぽい。だからこそ悩むこともある。私は小学五年生の当時、こんなに周りのことをよく見て暮らしていなかったなと反省する。そんなキクりんだって、甘えていい。むしろ、甘えていいのは大人も子供も関係ないな。キクりんと肉子ちゃん親子を見守る周りの大人たちだって完璧な人たちじゃなかった。読み始めたときは声を立てて笑っていたのに、クライマックスではほろりと涙してしまった。

  ほかに、文庫化をずっと待っていた西さんの作品に『サラバ!』がある。上・中・下と、三冊にわたって物語が綴られている。きっとこれも分厚さなんて気にしないで、楽しく読めちゃうんだろうな。西さんが生み出す物語って本当に愛しい。

今こそ再読!『喜嶋先生の静かな世界』

f:id:alicewithdinah:20180203175207j:image

 

  先月、卒業論文を提出した。「ソツロン」というものは厄介なものだと、先輩方が言っていた。それでも私にとってはなんだか憧れの響きであった。卒論発表会も思ったよりあっけなく終わった。これを書いている前の日、卒論要旨録に載せる原稿も書き終わったところだ。


 「ソツロン」という響きからピンと来て、ある本を読み返した。森博嗣さんの『喜嶋先生の静かな世界』だ。尋ねられたことはまだないけれど、もし「大学時代で一番影響を受けた本は?」と尋ねられたら、私はまさにこの本の名前を挙げるだろう。


 今となっては『つぶやきのクリーム』をはじめとするエッセイシリーズに、『スカイ・クロラ』や『すべてがFになる』といったシリーズもののミステリー、質問を投稿したら嬉しいことに掲載のはこびとなった『MORI magazine』など、本棚の2段いっぱいに森博嗣さんの本が並んでしまうほど、読み込んでいる。しかし、『喜嶋先生の静かな世界』を初めて手に取った時は森博嗣さんのミステリーを読んだことはほとんどなかった。それでも、森さんのちょっと自叙伝的なこの作品を読んでみると、たちまち彼が綴る鋭い視点を持った文章を色んなジャンルで読んでみたくなってしまったんだった。ちなみに、どこか遠出をするたびにその土地の書店に寄る。講談社文庫コーナーに森博嗣さんの作品がずらっと並んで品ぞろえがいいと、私はたちまちその土地に住みたくなってしまうようになった。


 『喜嶋先生の静かな世界』は、勉強が嫌いだった主人公・橋場が理系の大学生になり、研究者として成長していく過程と、彼と彼に影響を与えた研究者・喜嶋先生を取り巻く環境の変化が描かれている。

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 


 前もこの作品についてブログに書いたことがある。「文系」「もう卒業間近」となった私にとって、相変わらず「理系」「大学院進学」というキーワードは、「赤組女子」と「白組男子」くらい隔たりがある。つまり、主人公の橋場が研究している内容にはまったく共感できないままでいる。それでもいいのだ。ベストセラーになる本や映画の特徴の一つとして、「共感できる」というのがある。歌詞と音程を知り尽くした歌をカラオケで歌うみたいな気持ちよさがそういう作品にはある。『喜嶋先生の静かな世界』はそうでない。「ブラジルのみなさん、聞こえますかー!」と地面に向かって叫ぶギャグがあるが、どちらかというとあんな感じだ。知らない世界に興味がある。見てみたい。そんな好奇心を刺激してくれる作品だった。


 これも前にブログに書いてしまったけれど、『喜嶋先生の静かな世界』を読んで勉強が好きになった。といっても、中学や高校の頃読んでいたらそうは思えなかったと思う。大学2・3年生という、好きな分野だけに絞って勉強出来るようになる時期に出会えたから、というのが大きい。論文というものに、固有名詞や引用が増えるほど上品とは程遠いものになる。自分が発見したことがきちんと書かれているものがいい。橋場への喜嶋先生からのアドバイスはそのまま私がレポートを書くときの参考になった(しかも、私の指導教授の文章が実際に絶妙に森博嗣さんっぽいんだなー)。そして、「はやく卒論やばいーってヒイヒイ言いたい」という謎の願望も生まれた。


 4年生になって、実際に卒業研究をする時期になった。私が取り組んだのはコンサートの企画と運営。アーティストと、どんなコンセプトで、どんな構成の演奏会を開こうか。どうやってお客さんを呼ぼう。学生だから出来ることってなんだろう。そんなことを春休みからあれこれ考えて、本番のあった夏休みの9月はだいたい学校にいた。卒業研究だけしてればいいという状況でもなかったのでしんどいなあと思うことはあっても、本の中で橋場がそうだったように、楽しかった。もっとも、私は数式を展開したり、タイプライターで打った文字をはさみで切って貼りつけたりするような作業はなかったけれど。それに、橋場が指導教授と計算機センタだけを頼って孤独に研究を続けていたのとは違って、私にはチームで一緒に演奏会を担当してくれた後輩や、卒論としての報告書を一緒に仕上げてくれた同じ研究室の4年生の存在がかなり大きかった。


 卒論発表会の日の帰り、バスの中で、『喜嶋先生の静かな世界』を読み返していた。本の中で橋場は大学院生として研究を続けている。先に社会人となった恋人の清水スピカはたまに遊びに来る。あ、私はもう大学での勉強終わっちゃったんだ。と、すっごくさみしくなってしまった。以前に書いた本の感想の記事も読み返して、もう一回執筆した日に戻ってどんな気持ちでいるのかを体験したくなった。


 大学という場所で、何かを学ぶ。橋場と同じ方向を向いて過ごす時間はもうほとんど残っていない。では、何が残り続けるのか。読書をして、何かを失うなんてことはないはずだ。
 まずはこの言葉。

どちらへ進むべきか迷ったときには、いつも「どちらが王道か」を考えた。それはおおむね、歩くのが難しい方、抵抗が強い方、厳しく辛い道のほうだった。困難な方を選んでおけば、絶対に後悔することがない、ということを喜嶋先生は教えてくれたのだ。


 「学問には王道しかない」というのが喜嶋先生の主張である。学問を人生に置き換えてみれば、それぞれの人間にとって「人生は王道しかない」のかもしれないなと思った。迷ったら困難な方を選ぶ。今までもずうっとそうしてきた!とは胸を張って言えないから、こういう言葉がよく響く。厳しい方を選べばきっとその分傷つくし、もうやだわあと思うこともいっぱいある。それでもいっか。「あのときこうしておけばよかった」と思った経験があるかといえば、今までいっぱいあった。だから『喜嶋先生の静かな世界』を読んで、今度は王道を歩いてみようかと思うのであった。
 ちなみに、前にブログで

義務教育を受けていた頃から、答えが一つのものを導き出すことが求められる教科は私は苦手だった。その苦手意識は、私を「ばりばりの文系」にはめていったのかなと思う。


 なんてことを書いた。あれから2年弱の月日が経った。今でも得意ではない。でも、嫌いではなくなった。この本を読んだら、嫌いでいるのはもったいないなと思ったのだ。どうやって嫌いじゃなくなったかは、また今度、そのうちに。

百合江と紗希

f:id:alicewithdinah:20180202144953j:image

 

 尋ねられたことはまだないけど、もし「大学時代に読んだ本の中で一番心に残った一冊は?」と尋ねられたら、私は「桜木紫乃さんの『ラブレス』かな」と答える。2016年のちょうど今頃読んで、それからというものどうしても、『ラブレス』を包む空気が私のそばを離れていってくれないのだ。どうせならもっと明るくハッピーな物語がそうなってくれればいいのに、と何回も思った。でも仕方ない。これが私の趣味なんだろうな。


 『ラブレス』は、北海道の標茶の開拓小屋で生まれ育った百合江の一生を描いた物語。里実という美しい妹、その子供である小夜子、そして百合江の娘である理恵による現代の記述と、百合江の若い過去の記述が交差して物語は進む。

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 
 『ラブレス』については、このブログでも今までに何回か書いてきた。初めて読んだばかりの時のほうがみずみずしい感想が書けていると思う。それでも、今年に入ってもう一度読み直してみて新しい発見もあった。


 私はかつて、運命を背負ってたくましく生きる百合江には実はあまり共感できなかった。ただ、すごい人だとは思っていた。かつて一座の仲間として旅を共にした宗太郎はどんな風が吹いてもしなやかに吹かれて生きる柳のような男だった(新潟出身らしき記述も)。私はどちらかというと初めて読んだとき、宗太郎のしなやかさや現実的に堅実な生活を営む里実に共感していた。でも、『ラブレス』を読んでから、しばらくずっとある目標に向かって過ごしているうちに、一ヶ月先の自分の姿が想像できない状況が当たり前になってきた。それでも、今日をしっかり歩こう。失敗から学べばいい。そんな風に思えるようになって、そんな風に思う時はいつもうっすら百合江の後ろ姿が見える気がした。読書体験が人生の糧になるとはこういうことか、としみじみ感動に浸ることもあった。何度読み返してみても百合江が沢田研二の「時の過ぎゆくままに」をキャバレーで歌うシーンには震えてしまうし、最後の4ページを視界をぼやけさせずにことはできない。


 
 さて、そんな物語を紡ぐ桜木紫乃さんの新たな著書を手にした。『それを愛とは呼ばず』である。社長である妻の事故を機に、会社から追われてしまう男・亮介。いっぽう北海道から夢を追って上京したものの、売れることができないまま旬を過ぎてしまった女・紗希。人生の淵に立った男女を主人公に進む物語だ。


 北海道に生まれ、凍えそうな大地で強く生きる人間を描いてきた桜木紫乃さんだが、『それを愛とは呼ばず』の舞台の一つになんと新潟がある。亮介と妻の章子が住むマンションは信濃川沿いの海が見えるマンション。会社では主に古町で事業を手掛ける。おなじみの町並みの記述や実在するレストラン名に目を見張ってしまう。今までに読んできた桜木紫乃作品で一番、私にとっては情景がリアルに映る。


 モデルやタレントを細々と続けていた女・白川紗希は、まじめで堅実な人だった。

 

冬場の水着撮影でも風邪をひかなかったのは、己に課した生活習慣を守り続けていたからだ。

どんな環境に置かれても、人はその場の色に染まったほうが楽に生きられる。紗希にはそうした器用さがほとんど感じられなかった。

  紗希の自己管理能力の高さには及ばないけれど、私も切り札を取っておいてうまく立ち回れるような器用さがあるほうではない。静かで清潔な部屋で、紗希の希望がしぼんでいく様子が痛々しかった。


 東京、新潟、北海道。それぞれの場所で、物語が進むにつれて少しずつ、亮介と紗希を取り巻く環境が変化していく。『ラブレス』のような、確実に目に見える愛に満ちた作品ではない。でも、結末の様子を、タイトルの通り人びとは「それを愛とは呼ばない」。じゃあ、何と呼ぶんだろう。そんな問いはともかく、やっぱりこの作品は新潟が舞台になっていたことが嬉しかったし、亮介の「いざわコーポレーション」での事業が実際に新潟で広がればいいなとも思った。都会のエッセンスを取り入れながら、Uターンの若者の仕事場を提供する。思わず実現している様子を街中で思い浮かべてしまうのだ。


 新潟の雪と、北海道の雪は違うという。新潟の雪は水気を含んでべたべたとしている。最寄りのコンビニからの帰り道、傘をささずに雪に降られながら歩いてくると、簡単には振り切れない雪の粒がコートを湿らせる。北海道の雪は体験したことがない。でも、この前東北に行った時、そこでの雪がさらさらしていることに気が付いた。足で踏むと片栗粉みたいだったし、触ると砂みたいに簡単に手から逃れてくれる。もっと寒いところに行くと、もっとさらさらしているのかな。桜木紫乃さんは、新潟独特の気候や県民性をも書いていた。


 『それを愛とは呼ばず』の紗希には共感できないでいたほうが幸せだと思う。でも、『ラブレス』の百合江の背中を見ながら生活できるようになったことは成長だと思う。桜木紫乃さんが描くふたりの女性を見つめていたら、1月がいつの間にか終わりを迎えていた。

2018年の手帳術

f:id:alicewithdinah:20180108150700j:image

 

明けましておめでとうございます。

2018年も、「謎の国のありす」を

よろしくお願いします。

 

さて、今年も私には手帳が欠かせません。

今年もメインの手帳は「NOLTY U」で。

 

 

 

↓2017年版「NOLTY U」の

使いっぷりはこちら!

alicewithdinah.hatenablog.com

 

f:id:alicewithdinah:20180108163049j:image

昨年はピンク色を選んだけれど、

今年はネイビーにしてみた。

表紙をめくってみると現れる色は

目の覚めるイエロー。

まるで夜から朝に変化するみたいな

すがすがしさである。

 

少し黄みがかったなめらかな紙も、

ところどころにあしらわれている

小鳥のモチーフも変わらない。 

ありがたい変化としては、

しおりが1本から2本に増えたこと。

 

 f:id:alicewithdinah:20180108163106j:image

 

私は「今月」と「今週」のページに

1本ずつ使用している。

 

パステルの蛍光ボールペンを3色使って予定管理すること

・ウィークリーページは左に予定、右にTODOリスト

・ウィークリーページに1週間の目標と振り返りを記入

 

この基本は変えずに今年も

「NOLTY U」を活用している。

手帳の種類を変えなかったから、

戸惑うことなく使える。

 

昨年からの変化としては、

1.「100の夢リスト」を作らなかったこと

2.「10年後に振り返って後悔しないために今日したこと」を毎日書くこと

だろうか。

 

1.「100の夢リスト」を作らなかったこと

「NOLTY U」に巻末メモスペースが

40ページ以上ある。

さらに1・2ページ目は

薄いピンク色の紙でできている。

私は昨年この見開き1ページを

「100の夢リスト」にしていた。

最近、様々な雑誌にも

引き寄せの法則」の特集なんかが

組まれるようになってきたけれど、

それと少し似ていて、

手帳にその年に叶えたいことを

100個記入しておくということを

近年ずっとやってきた。

2017年も記入した夢のうち、

半分くらい叶っていた。

 

・今年は4月から生活が大きく変わるだろうということ

・何年かやってみて、1年で趣味嗜好が変わるから対応しづらいこと

から、今年は「100の夢リスト」を

お休みすることにした。

 

その代わり、2018年版の

ピンクのメモページには、

年末にある憧れの人にお会いしたので

その人にサインを書いてもらい、

一緒に撮った写真も貼って

いつでも見られるわくわくするページにした。

 

「100の夢リスト」を作らなくても、

心の中にはいつも

「こんなことしたいな」

「ここに行ってみたい」という

願いはあるものだ。

だから今年は、

「叶ったことリスト」を書こうと思う。

形式はまだ決めてないけれど、

そのページを眺めるたびに

「幸せだな」と思えたらいい。

「花水(東新津にある温泉)に行けた」

ウイスキーの水割りをおいしく飲めた(ずっとジンジャーハイしか飲めなかったので…)」

…と、今年はすでにこんな調子である。

 

2.「10年後に振り返って後悔しないために今日したこと」を毎日書くこと

 

これはTwitterで見つけたアイデア

参考にさせていただいた。

「10年後に振り返って後悔しないために

今日したこと」を、 

毎日手帳に1行ずつ書いていくと面白いかも!

というもの。

 

10年ひと昔という。本当に最近そう思う。

特にこの年末年始で

中学・高校の友人に再会して

「この人たちとの出会いは2008年だったな…」

と思うと、

短かったようでもう10年たったのか!と

驚いてしまう。

10年前、もうちょっと大好きな

芋けんぴを我慢してれば

体型維持がずっと楽だっただろうな…

と苦い気持ちになるし、

10年前に出会った友人と

またこうして会えてうれしいなと

しみじみ思えるものだ。

だから私も今年は10年後を意識したくなった。

 

「NOLTY U」のウィークリーページは

時間軸があるスペースが

1日3行ずつ割り振られている。

私はその3行目に書いていくことにした。

 

「気になっていたメルマガの購読を始めた」

「いっぱいゲラゲラ笑った」

自己投資の記録から

後悔しないために楽しんだことまで、

なんでもいいから書く。

読み返すのもきっと楽しい。

 

ちなみに毎年10月頃になると

来年の手帳を求めて

ソワソワする私だけれど、

昨年秋は落ち着いていた。

「NOLTY U」も年末に購入したし。

 

そして今年も手帳は三刀流で行こうと思う。

1.今まで紹介していた「NOLTY U」

2.昨年に引き続きMAQUIAの付録の手帳

(今年こそ活用するぞ〜!!)

3.「ほぼ日手帳2017 カズン」はとりあえず3月まで

 

1週間こうして手帳をまた

きちんと使ってみて、

手帳をつけることで

「いいこと探し」が上達したと思った。

ひとつひとつを忘れないこと、

そしてそれを語れるようにすることが

きっと今年の幸せにつながっていく

と信じたい。

 

みなさんのおすすめの使い方も

ぜひ聞いてみたいです。

 

過去に書いた手帳記事の数々は

以下からどうぞ。

↓ 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

 

alicewithdinah.hatenablog.com

 

2017年振り返り!

f:id:alicewithdinah:20171231201606j:image

 

こんな年もあるんだな!!
と思うような1年、それが2017年だった。

 

2016年の振り返り記事を読んでみて、
「就活はなんか楽しそう。
今楽しいって言ってるけど、
そうも言ってられなくなるだろう。
どっぷり浸かって悩んで自分を磨く」
と書いてあって、達観してる1年前に驚く。

 

ま〜〜〜〜楽しい1年だった。
もちろん辛いこともいっぱいあった。
見方によっては辛いことの方が多いと思う。
でもその時その時で振り返って、
事実だけ受け止めて、
マイナスなことはもう忘れた。
だから楽しかった思い出だけが残ってる。

 

4月からナビゲーターをしている
ラジオ番組で、今年のトリの放送を担当した。
今年の漢字1文字はなんですか?」
という質問に、「走」と答えた。
生放送は走り出したら止まれない。
あちこちから出る採用情報は追っていくと
まるでシャトルランの後半みたいな気持ち。
早く走る電車に乗って
今まで見たことない場所に行った。
夏休みにコンサートを運営してみて、
隙間隙間にやることがどんどん見つかり
いつもバス停まで走ってた。

 

こんな感じで、「走」が一番
しっくりくるんじゃないかなと思って選んだ。
ランニングとかはしてないけれど。

 

まだまだ走ってる途中なんだけど、
年末年始は水を飲む休憩地点ということで。

 

今年は憧れの人がたくさんできた。
それは私にとってすごく大事なことで、
大きいモチベーションに
なってくからよかった。

 

夏にNGT48の公演を観に行けたのもよかった。
同世代の女の子たちが頑張ってる姿に
どれだけ元気をもらえるだろう。
一人一人のアイドル哲学も面白い。

 

大学に4年通って、
色々な生活リズムを経験してみて、
私はやっぱりちょっと
忙しい方が好きだと感じた。
だから今年は忘れられない年になると思う。

 

来年のことは正直まだわからないけど、
2018年も私らしくいろいろ悩んで、
本を読んで、
これ!と思ったことをやってみる。
10年先に振り返った時に後悔しないような
1年にしようと思っている。

 

今、こうして迷いなく1年を
振り返ることができるのも、
さまざまな人に支えられてきたから。
今年も無事に1年を締めることができます。
ありがとうございました。
来年も、よろしくお願いします。

2017年読書リスト!

2017年の読書です。
読んだことが、血となり肉となり
来年も生きてく力になりますように。

 

f:id:alicewithdinah:20171231095351j:image

(いよいよ床が抜けそう)

 

読み終わったもの

森博嗣 『「思考」を育てる100の講義』
田辺聖子 『おちくぼ姫』
森博嗣 『本質を見通す100の講義』
坂上忍 『スジ論』
森博嗣すべてがFになる
森博嗣 『君の夢 僕の思考』
森博嗣 『夢の叶え方を知っていますか?』
森博嗣冷たい密室と博士たち
・ 『ロジカル面接術』
桜木紫乃 『誰もいない夜に咲く』
・『陰陽師 橋本京明のとらわれない生き方』
・ 『女子力就活』
住野よる 『君の膵臓をたべたい』
田辺聖子 『女は太もも』
はあちゅう 『とにウツ』
・杏 『杏のふむふむ』
川上未映子愛の夢とか』
・山内マリコ 『パリ行ったことないの』
・彩瀬まる 『骨を彩る』
・メグジェイ 『人生は20代で決まる』
・荒木源 『ヘビメタ中年!』
森博嗣笑わない数学者
・小林弘幸 『自律神経を整えるとあなたはもっと素敵になれる!』
・岩下宣子 『読むだけで心ときめく美人のことば練習帖』
森博嗣詩的私的ジャック
森博嗣封印再度
原田マハ独立記念日
・F 『いつか別れる。でもそれは今日ではない』
森博嗣 『正直に語る 100の講義』
谷崎潤一郎 『卍』
・『ほぼ日手帳ガイドブック 2010』
『2012』
・『2013』
・『2014』
・『2015』
・『2016』
森博嗣 『幻惑の死と使徒
森博嗣夏のレプリカ
紗倉まな最低。
森博嗣 『今はもうない』
・『ほぼ日ガイドブック 2017』
唯川恵 『セシルのもくろみ』
重松清 『幼子われらに生まれ』
原田マハ 『ジヴェルニーの食卓』
村上春樹ノルウェイの森 上』
村上春樹ノルウェイの森 下』
・金子由紀子 『スッキリゆったり暮らす 68のヒント』
桜木紫乃風葬
田辺聖子 『主婦の休暇』
下重暁子 『贅沢な時間』
・森下典子 『日日是好日』
リリーフランキー 『誰も知らない名言集』
桜木紫乃 『ブルース』
藤崎彩織 『ふたご』
・宮下奈都 『たった、それだけ』
森博嗣数奇にして模型
森博嗣有限と微小のパン
森博嗣四季 春
桜木紫乃『硝子の葦』

進行中
森博嗣『つぶさにミルフィーユ』
青木祐子『これは経費で落ちません!』