江口寿史さんに似顔絵を描いてもらいました【後編】

(前回のあらすじ) 14歳になりたての時、ひょんなことから 江口寿史さんの描く絵に出会う。 それはある小説の表紙だった。 江口寿史さんの描く女の子がとても魅力的で 有名人の似顔絵がいくつか描いてあるのを見て 「私もいつか似顔絵を描いてもらえたら 幸…

江口寿史さんに似顔絵を描いてもらいました【前編】

当時、愛読していた中学生雑誌には毎月 モデルおすすめのCDや本が紹介されてる 興味深いページがあった。 1人、どこか周りより大人びたモデルがいて 彼女が紹介していた本に目がとまった。 (今考えるとそのモデルは銀杏BOYZが 特別好きだったから、それ経…

BREATH OF THE GODS

2017年の初映画は、「シネ・ウインド」で。 昨年は数えたら、 新潟市民映画館「シネ・ウインド」で 4本の映画を観ていた。 山口小夜子さんのドキュメンタリーに フランス語の授業ですすめられた 『最高の花婿』に、 ファストファッションの仕組みがわかる …

ミトンちゃん

ちょっと前に、 シルバニアファミリーのフィギュアを スーツのポケットに入れて仕事に行き たまにポケットから取り出して見ると 癒される…というツイートを見た。 たしかに、イライラカリカリしたとき シルバニアファミリーのあのフィギュアの 丸っこさとい…

読書ルールを更新!

以前から私は読書をする際にひとつ ルールを設けてやっていた。 それは、「同じ作家の本を続けて 2冊以上読まない」ということ。 私の性質として、コレクション癖があるので 一度本を読んで面白いと思うと 「この作家の他の本も読んでみたい!」 という思い…

『おちくぼ姫』

そのおもしろさを、 わたしと筆がうまくお伝えできると いいのですがーーー。 というまえ書きがむすばれ、物語が始まる。 田辺聖子 著 『おちくぼ姫』 千年前のシンデレラ物語として今に残る 『落窪物語』を、田辺聖子さんが やさしく現代訳してアレンジした…

パーフェクト・シューマン

1月10日に学校が始まって (来年は6日かららしい…) 久しぶりに足を踏み入れたキャンパスに 私は感覚を忘れてしまったようだった。 あたりまえだけど、講義のあいだは 好きな時間に立ったり歩き回ったり することができない。 冬休みの間と流れる時間が急に…

夢リストを作る前にやること

1年に1度は当ブログで 紹介させてもらっているけれど、 今日も久しぶりに引用させて頂く。 新潟で朝活や様々なイベントを開催していて 昨年もライブに招待して頂いたり 年末の朝活の場にちょうど居合わせたりと、 毎年お世話になっているつっちーさん。 土…

2017年、今年の夢リストは

昨年は作らないでいたけれど、 やっぱりあったほうが楽しいなと思い 今年は夢リストを作ることにした。 1年のはじめにその年に叶えたいことを 思いつくままに書き、叶ったらチェック。 1年の終わりに振り返ってみると なぜか意外とたくさん叶っている… と…

隙間に舞い込むラッキー

手帳に、その日やることを7つ 番号をふって書きとめることを続けて もう1か月半近くなってきた。 土日は映画の半券を貼って その横に2日まとめて5つ…とか やることが多すぎて9つのやることを 枠めいっぱいに…とか、 その時によってイレギュラーなことも…

もう、どん底のページはいらない

今年に入ってからなんだか いいことしか起きてないんじゃないか と思うくらい、毎日を楽しく思う。 こうしてブログを最近毎日更新しているのも たぶん楽しいから続けられてる。 近所のスーパーの抽選で当たりを引いたり 昨年からほしいなと思っていたものを …

とてもベリー最高な夜、その3

懐かしい人たちと、今年も 集まることができた。 高校生の頃、テスト期間終わりに カラオケでばか騒ぎしたり、 時には真剣に語り合ったり、 卒業旅行を共にしたり、 20歳になってもけんかしたりした仲間たちと。 今年は全員の住んでいるところが 新潟東京大…

買い物初めはまたもや…

初売りという看板を掲げたお店に 看板が色褪せないうちに訪れるのは 人にもみくちゃにされますぞ、 というのはわかっていたけれど なんだか足を運んでしまうものだ。 でも、ワゴンセールや福袋 ましてや洋服のお店全般など とにかくこれ以上 もみくちゃにさ…

まもなくうちに電車が来ます

家族で夕食を囲んでいると突然 ピピピッピピピッという音が鳴る。 誰もまだ慣れていないので 何の音か、と辺りを見回してしまう。 続いてメロディが流れる。 パッヘルベルのカノンだ。 「お風呂がわきました」だそうだ。 このメロディの音色といい、 少し高…

ちょっと懐かしい不自由さ

新しい年の0時0分は、 たくさんのメッセージや言葉が 1年の中でも特にとび交う瞬間だ。 (「バルス!」といい勝負だよね) いつからこんなに滞りなく メッセージが届くようになったんだっけ。 いつから紅白歌合戦の合間に 「携帯電話各社は、年越しの通信が…

道端同窓会

年の瀬に、新潟駅の通路を歩いてたら 見慣れた顔が並んでいるのを ケーキ屋さんの前でみた。 しばらく会っていなかった、中高時代の クラスメイトの男の子たちだった。 まもなく「井戸端会議」ならぬ 「道端同窓会」がはじまった。 ケーキバイキングをしてき…

情報バイキング

キュレーションメディアに、 私がインスタグラムに載せた写真が 載っているのを見つけました。 (冒頭の写真でした 笑) 友人が連れてってくれたバーで撮った飲み物の写真だったのですが、そのキュレーションサイトでは「渋谷のリーズナブルなバー」というタ…

答えあわせは来年ね

新しい年です。 これを書いてるのは3日前、 12月29日なんですけどね。 2016年に使っていた手帳のひとつ、神崎恵さんプロデュースの手帳には毎月のはじめに「ワークシート」という書き込み可能なページがありました。 1月のワークは「1年後になっていたい…

回顧2016

2016年ももうすぐおわり。 今年も大みそかがやってきた。 何だかいつになく穏やかな年末を迎え、 銀杏をむいたり1か月ぶりの大掃除に 精を出したりしているところだ。 ブログを始めた2014年の漢字は「実」 2015年は「難」だった。 今年は何だろう、「波」に…

いのちを見つめる読書

師走のはじめ、祖父を亡くした。 入院していた病院に駆け付けた父からの不在着信とメッセージが届いたとき、私はスマホを見ることが出来ない場所にいた。90分後、スマホのある部屋に戻って来てやっと情報を受けとった。あっという間のことだった。 祖父はと…

ありがとう、ELLE girl ~わたしのit girl~

書店の棚に ELLE girlの最新号を見つけると嬉しくなる。 alicewithdinah.hatenablog.com alicewithdinah.hatenablog.com alicewithdinah.hatenablog.com ELLE girl は、今までも何度か このブログで紹介してきたお気に入りの雑誌だ。 最新号は赤い表紙とピン…

「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」

(一番下まで読むのはおすすめしません) 2014年、大学に入って初めての夏休み。 初めて1人で乗る新幹線。 ホームにつく前にふと、本を読もうと思い立ち キオスクに寄って手に取った本。 『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 京都の街並みってきっとこ…

母と手帳会議をした

最近手帳のことばかり書いているので、 趣味は手帳ですって言っても いいのかもしれないと思い始めた。 でも「手帳」ってなんだろ? 趣味はサッカーです、だったらプレイする方か観てる方かどっちもか、と説明すれば分かってもらえる。読書だって書を読む、…

「黒い暴動♡」

2000年前後、日本を席巻した 「ガングロギャル」。 当時放送していたドラマ「おやじぃ」(岡田准一さんや田村正和さんが出てた)にもすみかというガングロギャルが出ていたので、幼かった私はガングロギャルを見る度に「すみかだ!」と言っていた。 女子高生の…

手帳をうまく使っちゃうぞ

今年の持ち歩きメインの手帳は NOLTY Uにした。 11月最終週からウィークリーページが 設けられていたので、 もう半月以上NOLTYとおともしている。 軽量で、カバーは手なじみの良い素材、 表紙をめくると爽やかなブルー。 紙の色も少しアイボリーがかっている…

最後の悪あが記

12月になって、 2016年の週末野心手帳が役目を終えた。 2015年12月から2016年11月、と ぴったり1年間使える手帳だったのだ。 はじめて書いてみた12月1日は、 中高の友達と成人式の準備のために 高校の先生をたずねて、その帰りに おいしいラーメンを食べた…

究極の語学学習法!

最近ふとした思い付きで、 iphoneの言語設定をフランス語にしてみた。 ipod touchの使用歴が長めだったので 通知の種類や操作に慣れていたこともあって iphoneに機種変更した際も 言語設定を英語にしてみたことはあった。 そういえば初めて持った「ガラケー…

『オケ老人!』デート

公開をずっとずっと待ち望んでいた映画 『オケ老人!』。 11月の初めに映画館で楽しんだ 『溺れるナイフ』と同じく、 上映している映画館が少なかったので なかなか気軽に観に行けずやきもきしたけれど なんとか念願かなって観に行くことができた。 映画『オ…

電話番号、いくつ言える?

ホームボタンを押して画面を呼び出し スライドでホーム画面が出る。 パスコードロックがある人はその段階もふむ。 緑と白で出来たアイコンをさわる。 スクロールして (頻繁にその名前を見てるなら スクロールしなくても表示されるかも) おめあての名前をさ…

『溺れるナイフ』

ずっとサシでランチしたいね、と言ってた友人と映画を観に行った。肝心なランチはフードコートですませて、これから始まるドキドキの2時間をひたすら楽しみにふたりで待った。 『溺れるナイフ』 「溺れるナイフ」特別映像 - YouTube 「溺れるナイフ」特別映…

累計3万アクセス

本当は次の記事を更新してから このことを書こうと思ったのですが… 書き渋ってる間にいつの間にか アクセスカウンタが30000を超えてました。 2014年、大学1年の秋にこのブログを作って 現在まる2年と少しが経ちました。 更新しまくる時期があったり まった…

すみずみまで読む

ブックカフェに訪れた。 マンションの外階段を2階まで駆け上がり、ドアを開くとカランカランとベルが鳴って「いらっしゃいませ」が聞こえる。 壁から突きでた棚に平積みになった文庫本。テーブル席とエントランスを仕切るように置かれた本棚にも本がぎゅう…

ジョゼと虎と魚たち

ジャケ買いがきっかけで『孤独な夜のココア』に出会ってからすっかり、田辺聖子さんの描く女の人の物語が大好きになってしまった。 日記を書くとなるとなかなか続かない。でも、ちょっとしたお出かけに本をおともすれば、あとでその本をもう一度開いたときに…

2017年の手帳三刀流!

じゃん!これは来年の手帳たちである。 2017と書かれた手帳が店先に並び始めたころから私はさんざん悩んできたのだが、やっと最近出揃った。(よかった……) 今年の手帳は三刀流で今までやってきて、「ちょっと多かったかな」と思っていたのに結局来年も私は三…

杏の気分ほろほろ

そろそろストーブを出そうか、お風呂上がりには暖かい靴下をはくべきか、出かけるときはもう冬用のコートが必要か。冬を乗り越えるための工夫ひとつひとつの凝らしどころにタイミングのよしあし(これは風邪をひくかひかないかにもかかっている!)が問われる…

365日パリピブック

"その遊び方古くない?" なんて、ちょっと挑発的な言葉が書かれた帯でくるまれた本『365日パリピブック』というのを見かけた。「パリピ」としてイベントを楽しむ、コスチュームやメイクのヒントがたくさん載っているおもしろい本だった。 というのは置いとい…

肉まんをめぐる記憶

肉まんには 不思議と楽しい思い出ばかりが 詰まっている気がする。 寒い日に、心もお腹もあたたかく満たしてくれるかわいい見た目としっかりした味わい。思い出すだけでもつい、優しい気持ちにさせてくれる。小さい頃から好きな味だった。 高校生の頃、部活…

『何者』ヒット予測

ビリギャルは間に合わなかったけど、 こっちはすっごくタイムリー。 映画『何者』公開まであと1週間となった。私は映画化が決まってから気になってすぐ、文庫本の帯にもそう書いてある原作を手にした。(キャストの写真が載っている大帯タイプになるまで購入…

香水を久しぶりにつけた日に

肌ざわりの良い布が心地よい季節になった。 夏のあいだ煩わしいと思っていたものこそ この季節になるととたんに 愛おしく感じられるようになってくる。 香りというのもそのひとつで、夏休みの間は楽しむ余裕がとにかくなかった。そればかりでない。道に咲い…

アタリIDの新学期

もうフられるのは慣れっこで 今回もフられに行ったのだった。 「どうせ、ね、また落ちてるよ」「ああー4年生の時間割はスカスカがよかったのになーしょうがないよねー」「あーますます落ちてる気がするわ」 人気の講義の抽選結果が、第1回目の講義が始まる直…

顔なんて、人生で変わる。

眼鏡屋の前を通った時、 ある広告が目を引いた。 「人生なんて、顔で変わる。」 だから自分の顔に合った眼鏡や新しい自分になれる眼鏡を探して秋を楽しもうね、という広告なのだった。 私は最初見間違えた。私はどっちかというと、「顔なんて、人生で変わる…

君の名は。 モノローグの秘密

最高気温21度。 9月の気温や体感温度をわすれていた。 何を着ようかと思って真夏の服に羽織りもので外にでたら、意外と寒くて失敗した今日だった。夏はもう、いよいよおわったんだ。 まだ夏のにおいが少しするころ、いつもの映画の友と共に『君の名は。』を…

プリンちゃん!

マーベルの映画を今まで全然観てこなかったので、詳しいことは知らぬまま「スーサイド・スクワッド」を観た。 減刑と引き換えに政府が命じるきっつーい任務を果たすために結成された決死部隊「スーサイド・スクワッド」。重い罪を抱えたメンバーたちだが、そ…

朝にも夜にも向かない映画

私は映画を観ながらときどき考える。 もし1日の中で この映画を観る時間を選ぶことが出来たら 朝・昼・夜、いつにしよう? 「怒り、1枚お願いします」 「上映が始まっていますがよろしいですか」 「かまいません。お願いします」 傘を畳みながら、スクリー…

孤独な夜のココア

三十路を越したハイ・ミスはみな、すらりと粋で、ちょっとばかし皮肉で、適度に意地わるで、神秘的で、美しかった。 初夏に小旅行で訪れた本屋で、「ジャケ買いしたい本特集」をやっていた。そこに置いてあったのが 田辺聖子著『孤独な夜のココア』 孤独な夜…

親切なディスカヴァー手帳

まだまだ夏休み中とはいえども、もう夏の香りなんかしない。街を歩く人の身に付ける色も深みが増し、空気はどんどん秋めく。 秋……となるとやっぱり焦ってくるのが手帳選び。私が欲しいのは1月はじまりの手帳なのでそんなに焦る必要もないけれど、10月はじま…

来年の友達さがし

今年もあっという間にこの季節。 私の1年間を静かに見守ってくれる 新友にして親友(古いでしょ)のような存在、 それが手帳たち!!! 2016年の手帳三刀流 - 謎の国のありす 手帳3刀流のその後 - 謎の国のありす 白紙のページ - 謎の国のありす 今年使って…

選択肢がせまいということ

9/7、久しぶりのお休みだったけど それは万代の百貨店も同じだった。 バスセンターは停電、伊勢丹とラブラはお休み、バスセンターにあるスタバもお休み。ビルボードはあいていたみたいだった。 とすると、とりあえず足を運ぶとしたらビルボードしかない。休…

一度観たあなたと分かち合いたくなっちゃうシン・ゴジラ

人生で初めて、同じ映画を スクリーンで2回も観てしまった。 『シン・ゴジラ』 1度観ただけではおさえられなかった。 -------------------- どんな映画だったかつぶやきたかった。 #細かすぎて伝わらないシンゴジラ タグでならギリギリ許されると思ったが…

そうして生きていく

「真紀さん、いい女ってのは一生かかっても主役にはなれないのよ。主役はいつだって愚かな女なの。覚えておいてね」 我愛爾にたどりつくまで - 謎の国のありす ラブレス - 謎の国のありす 昨日の月はまっすぐだった - 謎の国のありす 生まれ育った北海道・…